男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

わたしはロランス

  • わたしはろらんす
  • Laurence Anyways
  • Laurence Anyways
  • 平均評点

    78.1点(322人)

  • 観たひと

    563

  • 観たいひと

    130

  • レビューの数

    64

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 カナダ=フランス
製作年 2012
公開年月日 2013/9/7
上映時間 168分
製作会社 Lyla Films=MK2 Productions
配給 アップリンク
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット HD

スタッフ

キャスト

解説

カナダの田舎町に暮らす男性が交際中の女性に、女性になりたいと告白するラブ・ストーリー。監督・脚本は「HEARTBEATS」(未)「マイ・マザー/青春の傷口」(未)のグザヴィエ・ドラン。自身の性別に違和感を持つ主人公を「ブロークン・イングリッシュ」「ぼくを葬る」のメルヴィル・プポーが、戸惑いながらも彼にとって特別な存在でありたいと願う恋人を「マイ・マザー/青春の傷口」のスザンヌ・クレマンが、主人公の母親を「ポルノグラフィックな関係」「勝手に逃げろ/人生」のナタリー・バイが演じている。本作は第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、クィアパーム賞およびある視点部門最優秀女優賞(スザンヌ・クレマン)を獲得した。

あらすじ

カナダ・モントリオール。国語教師をしながら小説を書いているロランス(メルヴィル・プポー)は、30歳の誕生日を迎え、交際相手のフレッド(スザンヌ・クレマン)にある告白をする。それは、自分の身体の性に違和感を持っており女性になりたいと思っているということだった。この告白にショックを受けたフレッドは、これまでに二人が築いてきたものが偽りであるかのように思えてしまい、ロランスを非難する。しかしかけがえのない存在であるロランスを失うのを恐れ、フレッドはロランスの良き理解者となることを決意。ロランスに女性の立場からメイクなどについてアドバイスするが、モントリオールの田舎町では偏見を持たれ、彼らに対する風当たりは強かった……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「わたしはロランス」

キネ旬セレクト:「わたしはロランス」

読む、映画:「わたしはロランス」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「わたしはロランス」