男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

劇場版 ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒

  • げきじょうばんぽけっともんすたーべすとうぃっしゅしんそくのげのせくとみゅうつーかくせい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    54.9点(48人)

  • 観たひと

    89

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル アニメーション / アクション / ファミリー
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013/7/13
上映時間 96分
製作会社 ピカチュウプロジェクト(制作 小学館集英社プロダクション)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督湯山邦彦 
アニメーション監修小田部羊一 
脚本園田英樹 
原案田尻智 
エグゼクティブプロデューサー浅井認 
福永晋 
プロデューサー盛武源 
小田原明子 
岡本順哉 
宮原俊雄 
アニメーションプロデューサー神田修吉 
スーパーバイザー石原恒和 
久保雅一 
キャラクター・デザイン一石小百合 
松原徳弘 
山田俊也 
総作画監督毛利和昭 
佐藤和巳 
音楽宮崎慎二 
主題歌いきものがかり:(「笑顔」(エピックレコードジャパン))
音響監督三間雅文 

キャスト

出演(声)松本梨香 サトシ
大谷育江 ピカチュウ
宮野真守 デント
悠木碧 アイリス
林原めぐみ ムサシ
三木眞一郎 コジロウ
犬山イヌコ ニャース
高島礼子 ミュウツー
山寺宏一 赤いゼノセクト
中川翔子 ニンフィア
吉村崇 エリック
徳井健太 イシツブテ
ナレーション石塚運昇 

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C) Pokemon (C) 2013 ピカチュウプロジェクト

解説

「ポケットモンスター ベストウイッシュ」シリーズ第3弾。大都会ニュートークシティを舞台に、3億年の時を超えてよみがえったポケモン・ゲノセクトと伝説のポケモン・ミュウツーの壮絶バトルを描く。声の出演は、松本梨香、大谷育江、宮野真守、悠木碧らレギュラー陣のほか、「長崎ぶらぶら節」の高島礼子、お笑いコンビの平成ノブシコブシ(吉村崇・徳井健太)。

あらすじ

大都会ニュートークシティを訪れていたサトシ(声:松本梨香)とピカチュウ(声:大谷育江)たちは、ポケモンたちの安全と保護のために設計された施設“ポケモンヒルズ”に立ち寄る。その素晴らしさに驚きながら見学を楽しむサトシたちだったが、突然見慣れないポケモンが現れ、「ウチニカエリタイ……」とテレパシーで語りかけてくる。それは、プラズマ団が3億年前の化石を改造しよみがえらせたポケモン、ゲノセクトだった。同情したサトシは帰るべき場所を一緒に探そうとするが、彼らを引き裂くように赤いゲノセクトが現れ、凄まじいエネルギー弾を発射。だがその絶体絶命のピンチを救ったのは、ミュウの遺伝子から生まれた伝説のポケモン、ミュウツーだった。「ゲノセクトは、本来この世界にいるはずのないポケモンなのです。私と同じように……」ミュウツーはゲノセクトの悲しみを受け止めながらも、街のポケモンたちを襲うゲノセクトと対峙。両者は激しくぶつかりあい、その凄まじい衝撃波が街全体を巻き込み、やがて、そのバトルは互いの限界を超えたポケモン史上最大最速のスピードバトルへと突入していくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年8月上旬号

キネ旬戯画 映画という名のアニメーション:第38回 今、アンパンマンを見るべきは大人たちだ

2013年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ「神速のゲノセクト」ミュウツー覚醒」同時上映:ピカチュウとイーブイ☆フレンズ