男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

  • はかせのいじょうなあいじょうまたはわたしはいかにしてしんぱいするのをやめてすいばくをあいするようになったか
  • Dr.Strangelove: or How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
  • Dr.Strangelove: or How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb

amazon


  • 平均評点

    78.3点(512人)

  • 観たひと

    878

  • 観たいひと

    87

  • レビューの数

    77

基本情報

ジャンル SF / コメディ / 戦争 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1964/10/6
上映時間 93分
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ピーター・セラーズ Group_Capt.Lionedl_Mandarake
ピーター・セラーズ President_Muffley
ピーター・セラーズ Dr.Strangelove
ジョージ・C・スコット General_Buck_Tugidson
スターリング・ヘイドン General_Jack_D.Rppper
スリム・ピケンズ Major_T.J._King_Kong
キーナン・ウィン Colonel_Bat_Guano
ピーター・ブル Ambassador_de_Sadesky
トレイシー・リード Miss_Scott
ジェームズ・アール・ジョーンズ Lt.Lothar_Zogg(Bombardier)
ジャック・クレリー Mr.Staines

解説

ピーター・ジョージの「赤い警報」(架空政治小説)を彼自身とスタンリー・キューブリック、テリー・サザーンが共同で脚色、「ロリータ」のスタンリー・キューブリックが製作・監督した空想政治ドラマ。撮影は「恐怖の砂」のギルバート・テイラー、音楽は「追いつめられて」のローリー・ジョンソンが担当。出演は「ピンクの豹」のピーター・セラーズが3役、「殺人秘密計画書」のジョージ・C・スコット、「私はそんな女」のキーナン・ウィン、ほかにスリム・ピケンズ、ピーター・ブル、トレイシー・リードなど。

あらすじ

合衆国の戦略空軍基地。リッパー将軍の副官として赴任したマンドレイク英空軍大佐(ピーター・セラーズ)は、突然「R作戦」開始の命令をうけて愕然とした。ソ連攻撃に備えた緊急かつ最高の報復作戦「R」を下令するのだ。基地は完全に封鎖され、厳戒態勢がとられた。また哨戒飛行機の全機も通信回路が遮断され、基地からの指令だけしか受けられない状態になり、50メガトンの水爆を搭載、直ちにソ連内の第1目標に機首を向けた。その直後、大佐は司令官が精神に異常をきし、敵の攻撃もないのに独断でこの処置をとったことを知ったが、手遅れだった。その頃国防省の最高作戦室では、大統領(ピーター・セラーズ)を中心に軍部首脳と政府高官が事態の処理をめぐって激論を交わしていた。議長のタージッドソン将軍(ジョージ・C・スコット)は時間の緊迫を訴え、編隊の呼戻しが不可能な以上、全力をあげソ連に先制攻撃をかける以外道のないことを説いた。しかし、大統領はソ連大使に事態を説明、撃墜を要請した。だが、1発でも水爆が落ちれば全世界は死滅する。解体は不可能なのだ。米国兵器開発局長官ストレンジラブ博士(ピーター・セラーズ)はこの存在を証明した。同じ頃、大統領の命令をうけたガーノ陸軍大佐指揮下の部隊は基地接収のため交戦中だった。やがて基地警備隊は降伏、司令官は自殺、マンドレークは呼返しの暗号を発見した。ミサイル攻撃を受け、通信機に損傷を受けた、キング・コング少佐(スリム・ピケンズ)の機だけは目標に直進していた……地球上のあらゆる場所を核爆発の閃光が彩っていった…。

関連するキネマ旬報の記事

2005年9月上旬号

DVDコレクション:第212回 「博士の異常な愛情」

1964年12月上旬号

外国映画批評:博士の異常な愛情

1964年7月下旬号

2大シナリオ:博士の異常な愛情

1964年6月上旬号

外国映画紹介:博士の異常な愛情 又は私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか

1964年4月下旬号

偶発戦争の恐怖とアメリカの苦肉:「博士の異常」をめぐって

1964年3月下旬号

新作グラビア:博士の異常な愛情又は私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか