男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

長い灰色の線

  • ながいはいいろのせん
  • The Long Gray Line
  • The Long Gray Line

amazon


  • 平均評点

    67.5点(66人)

  • 観たひと

    105

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1955/1/4
上映時間 138分
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ステレオ
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「フォルウォスの黒楯」のロバート・アーサーが製作し、「コレヒドール戦記」のジョン・フォードが監督するシネマスコープで、ウェスト・ポイント陸軍士官学校を舞台としたマーティ・マーの自伝を映画化したものである。脚色はエドワード・ホープ。テクニカラー撮影は「彼等は馬で西へ行く」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「殺人者はバッジをつけていた」のモリス・W・ストロフ。「壮烈カイバー銃隊」のタイロン・パワーと「マラガ」のモーリン・オハラが主演し、以下「彼等は馬で西へ行く」のロバート・フランシス、「愛の決断」のドナルド・クリスプ、「ホンドー」のワード・ボンド、テレビ女優ベッツィ・パーマー、「彼等は馬で西へ行く」のフィル・ケイリーらが出演する。

あらすじ

ウェスト・ポイントの体育助教として50年間勤めて来たマーティ ・マー軍曹(タイロン・パワー)は、辞職命令に不服で、その撤回を旧友の大統領のところへ頼みに行き、昔の思い出話をする。――1903年、アイルランドからやって来たマーティ青年は、ウェスト・ポイントの給仕に雇われたが、失敗ばかりしていた。やがて、兵に志願してウェスト・ポイント勤務隊に配属され、体育主任ハーマン・ケーラー大尉に見出されて体育助教となった。そしてケーラー家の女中のアイルランド娘メアリー・オドンネル(モーリン・オハラ)と結婚した。マーティはいずれアイルランドへ帰るつもりだったが、次第にウェスト・ポイントに愛着を感じて行った。妻メアリーはマーティには内密に、彼の父と弟をアイルランドから呼び寄せた。弟がニューヨークで成功し一緒に仕事をしようと誘われたときも、やがて生れる子供をウェスト・ポイントに入学させたいと思って断った。男子が生れた。しかし、候補生たちが祝福してくれたのも束の間、その子は不幸にも死んだ。自棄になったマーティは酒に溺れたが、候補生たちの温かい忠告に自己をとり戻すことが出来た。レッド・サンドストロムという候補生が成績不良に悩んでいたのを、やさしく慰めて、学校の先生をしているキティ・カーター(ベッツィ・パーマー)を相談相手に与えてやった。この間にもウェスト・ポイントからはマックアーサー、スティルウェル、ブラッドリー、ストライトマイア、ウェンライト、ヴァンフリート、アイゼンハウアなどが卒業して行った。第一次大戦が始まった。レッドは優秀な成績で卒業し、キティと結婚したのち出征した。大戦は勝利に終わったが、レッドは戦死し、キティは幼児を抱えて未亡人となった。レッド・ジュニア(ロバート・フランシス)はマーティ夫妻の庇護の下に成長し、1938年ウェスト・ポイントに入学した。だが、卒業間際女性とのことで間違いを起こし、自省ののち自ら退学して折からの第二次大戦に一兵卒として参加した。メアリーは安らかに生涯を終えた。残されたマーティは淋しかったが、彼の周りにはいつも若い候補生たちがいた。それが彼の生甲斐だった。――マーティの話は終わった。大統領はドットスン中将(フィル・ケイリー)に善処を依頼した。中将とマーティがウェスト・ポイントへ帰ると、マーティを待っていたのは彼へはなむけのウェスト・ポイント全員の大分列式だった。思い出深い行進曲を胸にかみしめながら、マーティ老軍曹は感動の涙を拭うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1955年5月上旬号

ある個人の力:「波止場」と「長い灰色の線」の場合

1955年2月下旬号

外国映画批評:長い灰色の線

1955年新年特別号

フォードと「長い灰色の線」:

外国映画紹介:長い灰色の線

1954年12月下旬号

グラフィック:長い灰色の線