男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナインハーフ

  • ないんはーふ
  • 9 1/2 weeks
  • 9 1/2 weeks

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    61.9点(151人)

  • 観たひと

    303

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル エロス / ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1986/4/26
上映時間 117分
製作会社 キース・バリッシュ・プロ作品
配給 日本ヘラルド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ニューヨークを舞台に一組の男女の9週間半の愛を描く。製作はアンソニー・ルーファス・アイザックス、ザルマン・キング、エグゼクティヴ・プロデューサーは、キース・バリッシュ、フランク・コニグスバーグ、監督は「フラッシュダンス」のエイドリアン・ライン。エリザベス・マクニールの原作(「飼われた猫のように」早川書房刊)を基にパトリシア・ノップとキングが脚色。撮影はピーター・ピジウ、音楽はジャック・ニッチェ、プロダクション・デザインはケン・デイヴィスが担当。出演はミッキー・ローク、キム・ベイシンガーなど。

あらすじ

ニューヨークのギャラリーに勤めるエリザベス(キム・ベイシンガー)は離婚経験のあるキャリア・ウーマンで、画廊に勤めている。ある日、女ともだちのモリー(マーガレット・ウィットン)とチャイナタウンに行った際、身なりもよくハンサムな男(ミッキー・ローク)に声をかけられ、不思議な予感に胸をときめかせた。そして翌日、ノミの市で高級スカーフを欲しそうにしている彼女に、チャイナタウンで見かけた男が、プレゼントした。何の違和感ももたずに彼とうちとけ合い、レストランで食事をした。その男はジョンと名のり、その日に友人の家だといって川べりの静かな家に案内した。家に入るや否や、ベッドの用意を始めるジョンに不安を感じたエリザベスは、その場を去った。ある日、ジョンからの花束が届いた。忘れられずにいたエリザベスはジョンと再会し、2人の関係が始まつた。ジョンはエリザベスに目かくしし、彼女の身体に氷を使って愛撫する。エリザベスは、ジョンの言いなりになった。ジョンは高価な時計などをエリザベスにプレゼントをするが、自分が何者であるかは、一切口を開かなかった。一方、キャリア・ウーマンとして仕事の手をぬかないエリザベスは、郊外に引っ込んでなかなか個展の誘いにOKを出さないファインズワース(ドワイト・ウェイスト)を個展にひっぱり出した。ジョンとの関係を続けるうちに彼の昼間の姿も見たくなったエリザベスは、彼を追跡し、ウォール街にあるジョンのオフィスを訪れる。そこにはホワイトシャツを身につけたジョンの有能なブローカーの姿があった。ファインズワースの個展が迫り、エリザベスは遅々として進まぬ準備に業をにやして、直接彼に会いに行った。ニューヨークの喧咲を離れて暮らすファインズワースの虚飾を取り払った生活に触れ、エリザベスは不思議な感動を覚えるのだった。そんな一方、モリーが別れた夫とつき合っていた。複雑な思いで不安に揺れるエリザベス。ジョンのサディスティックな要求はエスカレートしていった。犬のように床をはいつくばらせたり、娼婦を部屋に呼んだりする。やがて、ファインズワースの個展のオープニングの日がやってきた。1人孤立して当惑しきっているような老画家の姿を目にした時、エリザベスはいたたまれなくなってその場を去った。ついた先はジョンの部屋だった。明け方、まだ眠っているジョンを見やりながら、荷物を整理するエリザベス。そんな彼女にジョンは初めて語り出した。「ぼくは5人兄弟の一番下で…」。ジョンの声を背に、エリザベスは部屋を出ていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1986年6月下旬号

外国映画紹介:ナインハーフ

1986年5月下旬号

外国映画批評:ナインハーフ

1986年5月上旬号

グラビア:ナインハーフ

特集 ナインハーフ:短評

1986年3月下旬号

試写室:ナインハーフ