男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヘルタースケルター(2012)

  • へるたーすけるたー
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    61.1点(896人)

  • 観たひと

    1532

  • 観たいひと

    106

  • レビューの数

    180

基本情報

ジャンル ドラマ / コメディ
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/7/14
上映時間 127分
製作会社 「ヘルタースケルター」製作委員会(WOWOW=アスミック・エース エンタテインメント=パルコ=ハピネット=Yahoo!JAPAN=祥伝社=ラッキースター)(制作プロダクション アスミック・エース エンタテインメント=シネバザール)
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督蜷川実花 
脚本金子ありさ 
原作岡崎京子:(「ヘルタースケルター」(祥伝社刊))
エグゼクティブプロデューサー那須野哲弥 
池田隆一 
遊佐和彦 
山崎浩一 
喜多埜裕明 
志倉知也 
金谷英剛 
製作和崎信哉 
豊島雅郎 
プロデューサー宇田充 
甘木モリオ 
撮影相馬大輔 
美術小泉博康 
enzo 
音楽上野耕路 
録音阿部茂 
照明佐藤浩太 
編集森下博昭 
衣裳/スタイリスト長瀬哲朗 
篠塚奈美 
ヘアメイク冨沢ノボル 

キャスト

出演沢尻エリカ りりこ
大森南朋 麻田誠
寺島しのぶ 羽田美知子
綾野剛 奥村伸一
水原希子 吉川こずえ
新井浩文 沢鍋錦二
鈴木杏 保須田久美
寺島進 塚原慶太
哀川翔 
窪塚洋介 南部貴男
原田美枝子 和智久子
桃井かおり 多田寛子

(C) 2012 映画『ヘルタースケルター』製作委員会

解説

第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝いた岡崎京子の伝説的熱狂コミック『ヘルタースケルター』(雑誌『FEEL YOUNG』で連載)を、「さくらん」の蜷川実花が約7年の歳月を重ね、待望の映画化。全身整形によるトップモデルへと上り詰めた女性・りりこを演じるのは「パッチギ!」の若手実力派女優沢尻エリカ。日本を代表する映画女優・寺島しのぶや、綾野剛、水原希子、窪塚洋介、桃井かおりなど脇を固める豪華な俳優人と共に、欲望で溢れた芸能界の世界をゴージャス、そしてスキャンダラスに描いていく。

あらすじ

トップモデルとして芸能界の頂点に君臨し、人々を魅了するりりこには、その美貌は全身整形によってもたらされたものという、究極の秘密があった。誰にも言えないその秘密を抱えながら、底なしの欲望渦巻く世界を疾走するりりこと、彼女が巻き起こす世間をひっくり返すような事件の真相とは……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年6月上旬号

斎藤工、「ヴェール」を脱ぐ。:斎藤工を、語る。蜷川実花 (「ヘルタースケルター」監督) 〝素朴さ〟と〝色気〟のアンバランスさ

2013年10月上旬号

[巻頭特集]いちばん美しい肌 裸身という表現:沢尻エリカと蝶の失墜? 「ヘルタースケルター」

2012年8月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ヘルタースケルター」

2012年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ヘルタースケルター」

読む、映画:「ヘルタースケルター」

2012年7月上旬号

グラビア:りりこという女

巻頭特集 わたしのゆくえ「ヘルタースケルター」:インタビュー 蜷川実花監督

巻頭特集 わたしのゆくえ「ヘルタースケルター」:桜沢エリカが語る、友人・岡崎京子と映画

巻頭特集 わたしのゆくえ「ヘルタースケルター」:追放された映画女優の帰還

巻頭特集 わたしのゆくえ「ヘルタースケルター」:沢尻エリカは少しも敗れていない

巻頭特集 わたしのゆくえ「ヘルタースケルター」:摩減する顔、見えない顔

2012年6月下旬号

撮影現場ルポ:「ヘルタースケルター」後篇

2012年6月上旬号

撮影現場ルポ:「ヘルタースケルター」

2012年2月上旬特別号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP