男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊

  • はっぴーふぃーとつーおどるぺんぎんれすきゅーたい
  • Happy Feet Two
  • Happy Feet Two

amazon


  • 平均評点

    63.7点(76人)

  • 観たひと

    139

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル アニメーション / ミュージカル / ファミリー
製作国 オーストラリア
製作年 2011
公開年月日 2011/11/26
上映時間 100分
製作会社 Kennedy Miller Mitchell=Dr D Studios=Village Roadshow Pictures
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ダンスの得意なペンギン、マンブルの冒険を描いたミュージカル・アニメーションの第2弾。本作では、マンブルの息子エリックが登場する。声の出演は「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のイライジャ・ウッド、「スマーフ」のハンク・アザリア。2D版に加え、3D版も公開。監督は「ベイブ 都会へ行く」のジョージ・ミラー。

あらすじ

タップダンスの達人であるペンギンのマンブル(声:イライジャ・ウッド)には悩みがあった。それは、息子のエリックがダンス嫌いなこと。踊ることが嫌いなエリックは逃げ出し、飛ぶことができるペンギン、マイティ・スベン(声:ハンク・アザリア)と出会う。このカリスマ的な理想のペンギンを前にしては、マンブルは敵うわけもない。しかしその頃、強大な力によってペンギン世界は大きな危機に直面する。この状況の中、小さなオキアミから大きなゾウアザラシまで、あらゆる生きものたちをペンギン国のために集結させるマンブル。そのガッツと勇気ある父親の姿から、エリックは大切なことを学んでゆく。

関連するキネマ旬報の記事

2011年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊」

2011年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊」