男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハウスメイド

  • はうすめいど
  • THE HOUSEMAID
  • THE HOUSEMAID

amazon


  • 平均評点

    61.7点(151人)

  • 観たひと

    221

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    29

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 韓国
製作年 2010
公開年月日 2011/8/27
上映時間 107分
製作会社 Sidus FNH-Benex Cinema Fund 1=Michigan Venture Capital =CJ Venture Investment =Stareast Digital Laboratory=Hanwha Entertainment Fund No. 1=Mirovision=Sidus FNH
配給 ギャガ
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督イム・サンス 
脚本イム・サンス 
製作総指揮ジェイソン・チェ 
エグゼクティブプロデューサーチェ・ピョンホ 
ソ・ボムソク 
共同エグゼクティヴ・プロデューサーチョ・イルヒョン 
シン・ガンヨン 
キム・ユン 
パク・ジュンテ 
共同プロデューサーキム・ドンウォン 
キム・ギョンヒョン 
撮影イ・ヒョンドク 
美術イ・ハジュン 
音楽キム・ホンジプ 
録音キム・ソグォン 
照明パク・セムン 
編集イ・ウンス 
衣装デザインチェ・セヨン 
メイクイ・ウンジュ 

キャスト

出演チョン・ドヨン Eun-yi Li
イ・ジョンジェ Hoon Goh
ユン・ヨジョン Byung-sik
ソウ Hae-ra

解説

故キム・ギヨン監督の『下女』を「ユゴ 大統領有故」のイム・サンスがリメイクしたサスペンス。豪華な邸宅に雇われた従順なメイドをめぐる狂気と欲望を描く。出演は「素晴らしい一日」のチョン・ドヨン、「タイフーン TYPHOON」のイ・ジョンジェ、「ファン・ジニ 映画版」のユン・ヨジュン、「坡州 パジュ」のソウ。

あらすじ

上流階級の邸宅でメイドとして働くことになったウニ(チョン・ドヨン)の仕事は、家事全般、そして双子を妊娠中の妻ヘラ(ソウ)と6歳になる娘ナミの世話だ。子供好きのウニは、利発で愛らしいナミとすぐに仲良くなる。長年勤めているビョンシク(ユン・ヨジュン)は、メイド業にウンザリしていていつも不機嫌だが、その仕事ぶりは一分の隙もないほど完璧だった。無口で従順なウニは厳しい指導のもと、懸命に働き始める。最初は横柄な態度だったヘラもウニがお腹の中の双子を心から大事に思っていることを感じ取り、彼女を信頼するようになる。ある日、一家のお供で出かけた別荘で、主人のフン(イ・ジョンジェ)が妻に隠れてウニの部屋へと忍び込む。浴室の掃除をしている時、背後からフンの熱い視線を感じていたウニは驚かなかった。ウニはわき上がる欲望に素直に身を任せ、フンと関係を持つ。だが、ビョンシクの眼と耳はどんな小さな異変も逃さず、邸宅の中でも密かに関係を持った二人の様子をドアの前で盗み聞きしていた。翌朝、朝食を持っていったウニは、フンから小切手を渡される。何ごともなかったかのようなフンの態度に傷つきながらもウニは受け入れるしかなかった。数週間後、ウニの身体の変化に気付いたビョンシクは、彼女の妊娠を確信。何気ない会話でウニに恋人がいないことをチェックし、お腹の子の父親を特定したビョンシクは、ヘラの母親のもとへ向かい、全てを報告する。ヘラの母親は、シャンデリアを掃除していたウニが乗った脚立にうっかりと見せかけてぶつかり、落ちてケガをしたウニに精密検査を受けさせる。ウニの妊娠は事実だった。退院したウニを待っていたのは邸宅に蠢く憎しみと怒りであった。ウニは一人で子供を産もうと決意するが、もはや遅かった。何ごとかを密談する母と娘、怪しげな薬屋、人目を避けて立ち寄るヘラ、邸宅から逃げ出したウニを連れ戻す屈強な男たち。ウニの妊娠を知ったフンの意外な反応、どちらの味方かわからないビョンシク、そして真実を目撃していたナミ。それぞれの思惑と野望が頂点に達した時、ウニの身に悲劇が起こる。無邪気な微笑みが消えた別人のような険しい顔でウニはビョンシクに復讐を宣言する……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年9月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ハウスメイド」

2011年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ハウスメイド」

インタビュー:イム・サンス監督「ハウスメイド」