男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドライブ・アングリー 3D

  • どらいぶあんぐりーすりーでぃー
  • DRIVE ANGRY 3D
  • DRIVE ANGRY 3D

amazon


  • 平均評点

    60.6点(182人)

  • 観たひと

    279

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/8/6
上映時間 101分
製作会社 Michael De Luca Productions=Nu Image=Millennium Films
配給 日活
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

キャスト

解説

家族をカルト教団に奪われた男が、復讐のために爆走するカーアクション。主演は「キック・アス」のニコラス・ケイジ。監督は「ブラッディ・バレンタイン 3D」のパトリック・ルシエ。1969年型ダッジ・チャージャーや1957年型シェヴィーなど、クラシカルなマッスルカーが3D画面で迫力のカーチェイスを繰り広げる。

あらすじ

カルト教団によって愛する家族を奪われたジョン・ミルトン(ニコラス・ケイジ)は、復讐を誓って怒りのハンドルを握っていた。偶然出会った勝気なウェイトレス、パイパー(アンバー・ハード)を巻き込み、次々と立ちはだかる凶手を蹴散らしながら暴走を続ける。しかし彼もまた、FBIを名乗る謎の追跡者(ウィリアム・フィクトナー)から追われていた。その上、警官やカルト教団も背後に迫る。その追跡をものともせず応戦するミルトン。二重三重のチェイスは次第に過激さを増してゆく。やがて、ガソリンと火薬の匂いが立ち込める攻防は、アメリカ南部の乾いた空気の中で極限までヒートアップ。果たして、この死闘の結末は?ミルトンとパイパーの運命は……?

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ドライブ・アングリー3D」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ドライブ・アングリー3D」