男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コクリコ坂から

  • こくりこざかから
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    70.7点(1141人)

  • 観たひと

    2173

  • 観たいひと

    102

  • レビューの数

    118

基本情報

ジャンル アニメーション / ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/7/16
上映時間 91分
製作会社 「コクリコ坂から」製作委員会(日本テレビ放送網=電通=博報堂DYメディアパートナーズ=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン=ディーライツ=東宝)(特別協賛 KDDI)(アニメーション制作 スタジオジブリ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督宮崎吾朗 
脚本宮崎駿 
丹羽圭子 
原作高橋千鶴:(「コクリコ坂から」(角川書店刊))
佐山哲郎:(「コクリコ坂から」(角川書店刊))
企画宮崎駿 
プロデューサー鈴木敏夫 
制作星野康二 
キャラクターデザイン近藤勝也 
撮影奥井敦 
音楽武部聡志 
主題歌手嶌葵:(「さよならの夏 ~コクリコ坂から~ 」(Yamaha Music))
挿入歌坂本九:(「上を向いて歩こう」)
アフレコ演出木村絵理子 
音響笠松広司 
動画チャック補佐舘野仁美 
中込利恵 

キャスト

出演(声)長澤まさみ 松崎海
岡田准一 風間俊
竹下景子 松崎花
石田ゆり子 北見北斗
風吹ジュン 松崎良子
内藤剛志 小野寺善雄
風間俊介 水沼史郎
大森南朋 風間
香川照之 徳丸社長
柊瑠美 広小路幸子

解説

高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミックを原作に、「崖の上のポニョ」の宮崎駿が企画・脚本、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が監督を担当するスタジオジブリ作品。1963年の横浜を舞台に、16歳の少女と17歳の少年の出会いと交流、まっすぐに生きる姿を描く。声の出演は「岳 ガク」の長澤まさみ、「SP」シリーズの岡田准一、「レオニー」の竹下景子、「死にゆく妻との旅路」の石田ゆり子、「八日目の蝉」の風吹ジュン。

あらすじ

東京オリンピック開催を目前に控えた1963年の横浜。女系家族の長女である松崎海(声:長澤まさみ)は高校二年生。父を海で亡くし、仕事を持つ母・良子(風吹ジュン)をたすけて、下宿人もふくめ6人の大世帯の面倒を見ている。そんな海は、同じ高校に通う新聞部の部長・風間俊(岡田准一)に心を寄せるのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「コクリコ坂から」

2011年8月上旬号

巻頭特集「コクリコ坂から」 なぜ映画は60年代を描くのか:対談 宮崎吾朗(「コクリコ坂から」監督)×山崎貴(「ALWAYS 三丁目の夕日'64」監督) 当時を知らない世代が向きあったその時代

巻頭特集「コクリコ坂から」 なぜ映画は60年代を描くのか:鈴木敏夫プロデューサーに聞く世界観の原点

巻頭特集「コクリコ坂から」 なぜ映画は60年代を描くのか:武部聡志が語る時代を描く音楽

巻頭特集「コクリコ坂から」 なぜ映画は60年代を描くのか:死せる戦友たちの眼差し

増刊7月4日号 ANIME KINEJUN vol.01

夏の新作劇場アニメ 期待の注目作紹介:「コクリコ坂から」

2011年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「コクリコ坂から」