男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナイト・トーキョー・デイ

  • ないととーきょーでい
  • Map of the Sounds of Tokyo
  • MAP OF THE SOUNDS OF TOKYO
  • 平均評点

    54.8点(35人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 スペイン
製作年 2009
公開年月日 2010/9/11
上映時間 98分
製作会社 Mediapro=Versatil Cinema
配給 ディンゴ(提供 アクセスエー=メダリオンメディア)
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット HD

スタッフ

キャスト

出演菊地凛子 Ryu
田中泯 Narrador
セルジ・ロペス David
榊英雄 Ishida
中原丈雄 Nagara

解説

東京を舞台に、殺し屋の女と愛を失った異邦人の許されない恋を描くラブ・ストーリー。監督は、「死ぬまでにした10のこと」のイザベル・コイシェ。出演は、「バベル」の菊地凛子、「ハリー、見知らぬ友人」のセルジ・ロペス、「たそがれ清兵衛」の田中泯。2009年カンヌ国際映画祭フランス映画高等技術委員会賞受賞。

あらすじ

築地市場で働くリュウ(菊地凛子)は、身寄りのいない孤独な女だった。そんな彼女は夜になると、闇の仕事を請け負う冷酷な殺し屋になるという、もう1つの顔を持っていた。ある日リュウは、スペイン人ダビ(セルジ・ロペス)が営むワイン店で、彼と視線が合う。ダビは、愛する妻を自殺で失ったばかりだった。リュウとダビは、一瞬で恋に落ちる。しかしダビは、リュウが抹殺すべきターゲットであり、それは許されない関係だった。夜になると灰色の都市から色彩とノイズ溢れるワンダーシティへ変貌を遂げる東京を舞台に、孤独を抱えていきる男女の魂の彷徨を、時に優しく、時に官能的に描いていく。

関連するキネマ旬報の記事

2010年9月下旬号

インタビュー:菊地凛子「ナイト・トーキョー・デイ」出演

HOT SHOTS:「ナイト・トーキョー・デイ」菊地凛子