男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カラフル(2010)

  • からふる
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.2点(299人)

  • 観たひと

    540

  • 観たいひと

    72

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル アニメーション / ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/8/21
上映時間 127分
製作会社 「カラフル」製作委員会 (フジテレビジョン=サンライズ=電通=アニプレックス=ソニー・ミュージックエンタテインメント=東宝)(制作 サンライズ/アニメーション制作 アセンション)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督原恵一 
脚本丸尾みほ 
原作森絵都:(理論社刊、文春文庫)
製作亀山千広 
内田健二 
寺田篤 
夏目公一朗 
北川直樹 
島谷能成 
プロデューサー茂木仁史 
キャラクター・デザイン山形厚史 
作画監督佐藤雅弘 
撮影監督箭内光一 
美術監督中村隆 
音楽大谷幸 
エンディングテーマmiwa:(「青空」)
音響大熊昭 
編集小島俊彦 
色彩設計今泉ひろみ 

キャスト

出演(声)冨澤風斗 小林真
宮崎あおい 佐野唱子
南明奈 桑原ひろか
まいける プラプラ
入江甚儀 早乙女
藤原啓治 沢田先生
中尾明慶 小林満
麻生久美子 真の母
高橋克実 真の父

解説

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」、「河童のクゥと夏休み」で不動の地位を得た原恵一が、森絵都の同名小説を映画化。自殺した中学生の体に乗り移って蘇ったぼくが、その中学生として生きる中で、人生を見つめ直していく。声の出演は「河童のクゥと夏休み」の冨澤風斗、「ソラニン」の宮崎あおい。

あらすじ

天上界と下界の狭間。死んだぼくの魂が漂っている。そこにプラプラ(声:まいける)という天使が現れ、話しかけてくる。“あなたは大きな過ちを犯して死んだ罪な魂ですが、もう一度下界に戻って再挑戦するチャンスが与えられました。そして、自分の犯した罪を思い出さなければいけません”。こうして、ぼくの魂は、自殺して息を引き取ったばかりの“小林真”(声:冨澤風斗)という名の中学3年生の体に入り込み、“小林真”として生きることになる。生き返った真を囲んで、幸せそうに見える家族。しかし、その裏では一人一人の思いがすれ違っていた。ごく普通のサラリーマンだが、家庭での存在感が希薄な父(声:高橋克実)のことを真は軽蔑。母(声:麻生久美子)はフラメンコ教室の講師と不倫中。兄(声:中尾明慶)は出来の悪い真を馬鹿にして口もきかない。更に、真の自殺の原因が、密かに思いを寄せる後輩のひろか(声:南明奈)の援助交際にあったことを、プラプラから聞かされる。学校では内気で友達もなく成績も最低な真。しかし、真らしくない振る舞いを見せるぼくと、周りの人間関係は少しずつ変わってゆく。家族はもちろん、真のことをずっと見ていた唱子(声:宮崎あおい)、真にとって初めての親友となる早乙女(声:入江甚儀)、そしてひろか。真として生きるぼくの周りで、様々なことが動き出す。そして、ぼくはある事に気付く……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年5月上旬号

DVDがおもしろい!:DVDコレクション No.509 「カラフル」原恵一[監督]インタビュー

2010年10月上旬号

評論家発映画批評:「カラフル」

2010年9月上旬号

「カラフル」:原恵一監督インタビュー

「カラフル」:盟友・茂木仁史プロデューサー、細田守監督が語る原恵一と「カラフル」

「カラフル」:「カラフル」から受け取ったメッセージ