男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

28 1/2 妄想の巨人

  • にじゅうはっかにぶんのいちもうそうのきょじん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    65.0点(7人)

  • 観たひと

    12

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2010/7/31
上映時間 96分
製作会社 ポニーキャニオン=デイズ(制作 デイズ)
配給 デイズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット DV

スタッフ

監督押井守 
脚本押井守 
原案横山光輝 
製作関澤新二 
プロデューサー久保淳 
共同プロデューサー木下哲哉 
黒田仁子 
撮影湯浅弘章 
美術黒川通利 
音楽川井憲次 
音響若林和弘 
編集湯浅弘章 
アソシエイト・プロデューサー才士真司 
制作担当村瀬正憲 
助監督金子功 
視覚効果佐藤敦紀 

キャスト

解説

舞台『鉄人28号』を演出した押井守監督が、その稽古と並行して撮影した異色作。舞台のメイキングでありながら、現場付きスチルカメラマンの言子をヒロインに据え、虚実を交えて押井の苦悩と妄想を描いていく。「東京ゾンビ」の奥田恵梨華が言子を演じるほか、舞台版『鉄人28号』の出演者・スタッフが出演している。

あらすじ

脚本を使わず、撮影用と編集用に1度ずつ改訂されたプロットだけで、フィクションとドキュメンタリーを混在・融合させた舞台のメイキングを映画に仕立てた。映画監督の押井守が初めて舞台演出をつとめ、2009年1月から東京と大阪での公演を控えた舞台『鉄人28号』。その現場付きスチルカメラマンの言子(奥田恵梨華)は、稽古場などで正太郎と思しき少年の姿を見かけるようになる。そんな矢先、押井が失踪してしまうというアクシデントに見舞われ、物語は、誰も予想のつかない結末を迎える。

関連するキネマ旬報の記事