男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

インセプション

  • いんせぷしょん
  • Inception
  • INCEPTION
  • 平均評点

    81.7点(0人)

  • 観たひと

    3479

  • 観たいひと

    235

  • レビューの数

    177

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2010/7/23
上映時間 150分
製作会社 Warner Bros. Pictures=Legendary Pictures=Syncopy
配給 ワーナー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

人の潜在意識に潜入してアイデアを盗むスパイが挑む、最後の危険な任務を描くサスペンス・アクション。監督は、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン。出演は、「シャッター アイランド」のレオナルド・ディカプリオ、「ラスト サムライ」の渡辺謙、「(500日)のサマー」のジョセフ・ゴードン・レヴィット。

あらすじ

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人がいちばん無防備になる夢の中にいる状態のときに、その潜在意識の奥底に潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという犯罪のスペシャリストである。危険極まりないこの分野で最高の技術を持つコブは、陰謀渦巻く企業スパイの世界で引っ張りだこの存在だった。しかしそのために、コブは最愛のものを失い、国際指名手配犯となっていた。そんな彼に、幸せな人生を取り戻せるかもしれない絶好のチャンスが訪れる。そのミッションは、インセプションと呼ばれるものだった。それは彼の得意とするアイデアを盗むミッションではなく、他人の潜在意識に別の考えを植え付けるという難度の高いミッションで、ほぼ不可能だと言われていた。それでもコブは、それを最後の仕事と決め、業界トップの類まれな才能をフルに活用し、万全の準備をしてミッションに挑む。しかし、予測していなかった展開が彼を襲う。

関連するキネマ旬報の記事

2010年8月下旬号

評論家発映画批評:「インセプション」

評論家発映画批評:「インセプション」

評論家発映画批評:「インセプション」

2010年8月上旬号

「インセプション」:クリストファー・ノーラン監督インタビュー

「インセプション」:レオナルド・ディカプリオ インタビュー

「インセプション」:渡辺謙インタビュー

「インセプション」:作品評

HOT SHOTS:「インセプション」渡辺謙