男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

渇き(2009)

  • かわき
  • ----
  • THIRST

amazon


  • 平均評点

    66.1点(130人)

  • 観たひと

    249

  • 観たいひと

    24

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 韓国  アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2010/2/27
上映時間 133分
製作会社 CJ Entertainment=Focus Features=Moho Films=Universal Pictures
配給 ファントム・フィルム(提供 ファントム・フィルム=アスミック・エース エンタテインメント)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

“復讐3部作”のパク・チャヌク監督が贈るヴァンパイア映画。輸血により吸血鬼に変貌したカトリックの神父が、友人の妻と深い関係になり、次第に人の道を踏み外してゆく。主演のソン・ガンホ(「殺人の追憶」)は、本作のために10キロ減量したという。共演は「多細胞少女」のキム・オクビン。カンヌ映画祭で審査員賞を受賞。

あらすじ

人々から慕われるカトリックの神父サンヒョン(ソン・ガンホ)は、アフリカで致死率100%の猛威を振るう謎のウイルスのワクチン開発のために、死を覚悟で人体実験に志願する。その際、輸血によって一命を取り留めた彼は奇蹟の生還を遂げるが、その血液は正体不明のものだった。やがて帰国したサンヒョンは、幼馴染のガンウ(シン・ハギュン)の妻テジュ(キム・オクビン)と出会う。テジュのあどけなさの中に潜む不思議な色気は、自らを厳しく律するサンヒョンの心をかき乱す。一方、病弱な夫と抑圧的な義母の間で抑圧された日常を送るテジュもまた、激しくサンヒョンに惹かれる。だがその頃、サンヒョンの身体には、輸血の影響からある異変が起こり始めていた。ある夜、ついに欲望を抑えきれず、貪るように互いを求め合うサンヒョンとテジュ。神の教えに反する行為に、罪の意識に苛まれながらも、かつて体験したことのない快楽に溺れていく。やがて2人は共謀してガンウの殺害を企てる。罪深い2人の愛の行く手には、知る由もない数奇な運命が待ち受けていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年3月下旬号

REVIEW 外国映画:「渇き」

2010年3月上旬号

「渇き」:作品評

「渇き」:パク・チャヌク監督インタビュー