男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢

  • うぉれすとぐるみっとべーかりーがいのあくむ
  • WALLACE & GROMIT A MATTER OF LOAF AND DEATH
  • WALLACE & GROMIT A MATTER OF LOAF AND DEATH

amazon


  • 平均評点

    73.6点(34人)

  • 観たひと

    75

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー / ファンタジー
製作国 イギリス
製作年 2008
公開年月日 2009/7/18
上映時間 29分
製作会社
配給 三鷹の森ジブリ美術館
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:1.78
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演(声)ピーター・サリス Wallace
サリー・リンジー Piella
津川雅彦 Wallace
森公美子 Piella

解説

1989年から始まったクレイ・アニメ「ウォレスとグルミット」シリーズの短編作品。いつも奇想天外な発明で騒動を起こすウォレスと愛犬グルミットはパン屋を始めるが、パン屋を狙った殺人事件に巻き込まれる。2008年にTV放映されたイギリスで視聴率58%を記録した。監督は、「チキン・ラン」のニック・パーク。

あらすじ

奇想天外な発明で騒動を巻き起こしてばかりの、ちょっと間抜けな発明家ウォレス(声:ピーター・サリス)と、そんな主人をいつも助けている愛犬グルミットは、パン屋“トップ・バン”を開業し、ふっくらと焼き上がったおいしそうなパンを配達して回っている。しかし、働いているのはグルミットばかりだった。ウォレスは街で、かつてのCM女優パイエラ・ベークウェルと出会い、彼女に恋をしてから仕事に身が入らない様子である。そのころ街では、パン屋ばかりを狙った“パン屋さん連続殺人事件”が起こっていた。グルミットは、ウォレスがその犯人に狙われていることを知る。ウォレスを助けるためグルミットは奔走するが、能天気なウォレスは、なかなかそのことに気づいてくれない。

関連するキネマ旬報の記事

2009年8月上旬号

「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」:ニック・パーク監督インタビュー

「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」:作品評

2009年7月上旬号

HOT SHOTS:ニック・パーク、ウォレスとグルミット「ベーカリー街の悪夢」