男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

レスラー

  • れすらー
  • THE WRESTLER
  • THE WRESTLER

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    78.1点(492人)

  • 観たひと

    781

  • 観たいひと

    60

  • レビューの数

    69

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2009/6/13
上映時間 111分
製作会社
配給 日活
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

心臓発作を起こし引退を勧告された落ち目のプロレスラーが、命の危険を顧みず再びリングに上がる姿を描く人間ドラマ。監督は「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー。出演は、「シン・シティ」のミッキー・ローク、「いとこのビニー」のマリサ・トメイ。2008年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。

あらすじ

ランディ(ミッキー・ローク)は若いころ、ザ・ラムというニックネームで知られる人気プロレスラーだった。しかし今はどさ回りの興業に出場し、スーパーのアルバイトでトレーラーハウスの家賃を稼いでいる。ある日の試合後、ランディは心臓発作を起こす。そして、次にリングに上がったら命の保証はないと、医師から引退を勧告される。ランディは場末のクラブを訪れ、なじみのストリッパー・キャシディ(マリサ・トメイ)に発作のことを話す。キャシディはランディに、家族と連絡を取るように勧める。ランディは、唯一の身内である一人娘のステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)に会いに行く。しかし今まで父親らしいことをしてこなかったランディに、ステファニーはあからさまな嫌悪を示す。心臓発作の話も、彼女の怒りに火を注ぐだけだった。その話を聞いたキャシディは、ステファニーへのプレゼントを買いに行くランディに付き合うと申し出る。2人は古着屋でプレゼントを買い、パブでビールを飲むと勢いでキスを交わす。ランディはその日から、スーパーの総菜売場でフルタイムの仕事を始める。ランディがプレゼントを手にステファニーを再び訪ねると、彼女は彼を許してくれる。しかしランディはキャシディに交際を断られ、行きずりの女と一夜を過ごした挙句、ステファニーとのディナーをすっぽかしてしまう。激怒したステファニーは絶縁を宣言する。さらに、スーパーの客に嘲笑を浴びせられたランディは、仕事を放り出す。そして、自分はプロレス以外に生きる道はないのだと悟り、命をかけてカムバックを決意する。全盛期の宿敵・アヤトラ(アーネスト・ミラー)とのリターン・マッチのチャンスを掴んだランディは、試合が行われるウィルミントンへ出掛ける。ランディへの愛に気づいたキャシディは車を飛ばし、試合直前の彼を引き止めようとする。しかしその声は届かず、ランディはリングに上がる。

関連するキネマ旬報の記事

2009年8月下旬号

評論家発映画批評:「レスラー」

2009年7月上旬号

評論家発映画批評:「レスラー」

2009年6月下旬号

「レスラー」:ダーレン・アロノフスキー監督インタビュー

「レスラー」:俳優 ミッキー・ローク論

「レスラー」:作品評

REVIEW 外国映画:「レスラー」

2009年3月下旬号

特別企画 いま、アメリカ映画は本当に面白くないのか?:短評「愛を読むひと」「レスラー」