男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

オカルト

  • おかると
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.1点(46人)

  • 観たひと

    82

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2009/3/21
上映時間 110分
製作会社 イメージリングス
配給 イメージリングス
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット HDCAM

スタッフ

監督白石晃士 
脚本白石晃士 
プロデューサー山本正 
しまだゆきやす 
撮影白石晃士 
挿入曲中原昌也:(「Hair Stylistics」)
音響効果中川究矢 
編集白石晃士 
高塚絵里加 
助監督栗林忍 
スチール直井卓俊:((SPOTTED PRODUCTIONS))
VFX近藤聖治 
小川和彦 
VFXアドバイザー岡野正広 
特殊メイク征矢杏子:((Atelier SOYA))
整音中川究矢 
特殊造形征矢杏子:((Atelier SOYA))

キャスト

解説

「口裂け女」、「ノロイ」などのホラーで知られる白石晃士監督が、幽霊、UFO、異次元など、往年のオカルトTVドキュメンタリー番組のテイストを再現したフェイク・ドキュメンタリー。出演は、「アキレスと亀」の宇野祥平のほか、「トウキョウソナタ」で知られる映画監督の黒沢清、漫画家の渡辺ペコなどが実名で登場する。

あらすじ

とある観光地で、通り魔殺人事件が発生。女性2名が死亡、男性1名が重傷。犯人自身も投身自殺するが、遺体は発見されなかった。事件の一部始終を収めた映像は、インターネットの裏サイトで、禁断の殺人ムービーとして流通する。その映像を偶然入手した映画監督の白石晃士は、事件のドキュメンタリー製作を決意。取材の過程で、事件の唯一の生存者である江野祥平(宇野祥平)から、“事件そのものが神様のお告げだった”と奇怪な証言を得る。その上、江野の体には、犯人(野村たかし)の体にあった痣と同じ刺し傷が残されていた。さらに取材を進めると、山梨県の山奥で謎の文字が刻まれた石碑を発見。文字に詳しい映画監督の黒沢清に解読を依頼したところ、“神による大災害”の予言であるという。その一方で江野がビデオに収めた数々の超常現象を目にする白石。それは、ポルターガイスト、UFO、異次元生物など、驚くべき映像の連続であった。当初、江野の言動に不信感を抱いていた白石だったが、次第に友情に似た感情を抱くようになる。そしてある日、江野が隠していた計画を知る。江野の耳に届くという神様からのメッセージ。それは“自殺、殺戮、渋谷交差点”という言葉だった。この世から人々を解放するために、それを実行しなければならない。葛藤しつつも江野の計画に巻き込まれていく白石。やがて、その顔に浮かぶ恍惚の表情…。大量殺戮の瞬間が刻一刻と迫る。果たして、2人の運命は……?

関連するキネマ旬報の記事

2009年5月上旬号

評論家発映画批評:「オカルト」