男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

チェンジリング(2008)

  • ちぇんじりんぐ
  • Changeling
  • CHANGELING

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    78.3点(722人)

  • 観たひと

    1333

  • 観たいひと

    139

  • レビューの数

    90

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2009/2/20
上映時間 142分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「許されざる者」、「ミリオンダラー・ベイビー」で2度のオスカーに輝く名匠クリント・イーストウッドが、「ウォンテッド」のアンジェリーナ・ジョリー主演で贈る感動のドラマ。1920年代にアメリカで起きた、警察による子供の取り違え事件を映画化。警察を敵にしながらも、行方不明の息子を取り戻そうとする母親の姿を描く。

あらすじ

1928年、ロザンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)を抱えたシングルマザー。彼女は息子の成長だけを生きがいに、日々を送っていた。だがある日突然、ウォルターが自宅から姿を消す。警察に捜査を依頼するクリスティン。そして5ヵ月後。警察からウォルター発見の朗報が。だが、クリスティンの前に現れた少年はウォルターではなかった。すぐさま、少年が別人であることをジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)に訴えるクリスティン。だが、警察の功績を潰されたくない警部は“容貌が変わっただけだ“と取り合わない。繰り返し再捜査を願い出るが、逆に警部に依頼された医師が彼女のもとを訪れ、自分の息子がわからなくなったクリスティンに問題があると診断を下す。時間だけが過ぎていく中、彼女のもとにグスダヴ・ブリーグレブ(ジョン・マルコヴィッチ)と名乗る牧師から電話が入る。警察の腐敗を追及する彼は、新聞で事件を知り、クリスティンの危機を察知して連絡してきたのだった。ブリーグレブを味方に、息子を探すクリスティンの戦いが始まる。だが、それを知った警察は彼女を精神病院に入院させる。そこで知ったのは、彼女同様、警察に反抗して精神病院送りにされた女性が多数いるという事実だった。ブリーグレブの尽力でクリスティンは何とか退院できたものの、ウォルターの行方は依然として知れない。そこへ、郊外の農場で子供の死体が発見される事件が発生。被害者の一人がウォルターである可能性が出てくる。これにより、人違いを認めた警察だったが、ウォルターが農場で殺されたと早々に断定する。これを聞いたクリスティンは、あくまで警察と戦い、息子を取り戻すことを決意。やがて、逃亡犯ゴードン・ノースコット(ジェイソン・バトラー・ハーナー)が逮捕される。事件発生から7年、彼女が知る真実とは……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年4月上旬号

評論家発映画批評:「チェンジリング」

評論家発映画批評:「チェンジリング」

評論家発映画批評:「チェンジリング」

2009年3月下旬号

特別企画 いま、アメリカ映画は本当に面白くないのか?:短評「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「チェンジリング」「フロスト×ニクソン」「ミルク」

2009年3月上旬号

REVIEW 外国映画:「チェンジリング」

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:クリント・イーストウッド監督ロング・インタビュー

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:アンジェリーナ・ジョリー インタビュー

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:特別対談:小林信彦×芝山幹郎

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:作品評

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:クリント・イーストウッド論