男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ディファイアンス

  • でぃふぁいあんす
  • Defiance
  • DEFIANCE

amazon


  • 平均評点

    70.0点(175人)

  • 観たひと

    289

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    30

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2009/2/14
上映時間 137分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督エドワード・ズウィック 
脚本クレイトン・フローマン 
エドワード・ズウィック 
原作ネカマ・テク:(「ディファイアンス:ザ・ビエルスキ・パルチザン」)
製作総指揮マーシャル・ハースコヴィッツ 
製作エドワード・ズウィック 
ピーター・ジャン・ブルージ 
共同プロデューサークレイトン・フローマン 
ローランド・テク 
撮影エドゥアルド・セラ 
プロダクション・デザインダン・ウェイル 
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード 
音響デザインロン・ベンダー 
編集スティーヴン・ローゼンブラム 
衣装デザインジェニー・ビーヴァン 
伝統音楽・作ジェニー・ゴールドスタイン 
モリス・ランド 
J・ジャフィ 
伝統音楽・アレンジアレキサンダー・オルシャネツキー 
バイオリン・ソロジョシュア・ベル 
伝統音楽演奏ラビル・イスヤノフ 
伝統音楽・演奏ジェームズ・ニュートン・ハワード 
キャスティングゲイル・スティーヴン 
ヴィクトリア・トーマス 
アソシエイト・プロデューサートロイ・パトニー 
アリサ・S・カッツ 
助監督ダリン・リヴェッティ 
SFXコーディネーターニール・コブルト 
SFX/VFXスーパーバイザーウィリアム・メサ 
資料映像提供へニー・ヴェイナー 
写真提供ロバート・ビエルスキ 
ズヴィ・ビエルスキ 
アサエラ・ビエルスキ 
ユニット・プロダクション・マネージャーピーター・ジャン・ブルージ 

キャスト

解説

第二次世界大戦中、約1200人のユダヤ人の生命を救った3兄弟の実話に基づく戦争ドラマ。製作・監督・脚本は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック。出演は「007/慰めの報酬」のダニエル・クレイグ、「トータル・フィアーズ」のリーヴ・シュレイバー、「父親たちの星条旗」のジェイミー・ベルなど。

あらすじ

1941年、第二次世界大戦下、ドイツ軍はベラルーシを占拠。ナチス親衛隊と地元警察はユダヤ人狩りを始める。8月。両親を殺されたユダヤ人兄弟、トゥヴィア(ダニエル・クレイグ)、ズス(リーヴ・シュレイバー)、アザエル(ジェイミー・ベル)は子供の頃から遊んでいたリピクザンスカの森に逃げ込んでいた。そこへ、3人と同じように逃げ惑うユダヤ人が次々と合流する。トゥヴィアは食料と武器を入手するため、父の親友だったコシュチュクを訪ねると、そこにも数人のユダヤ人が身を隠していた。トゥヴィアは、コシュチュクに頼まれ、他のユダヤ人たちも森の中へと案内する。10月。数十人となったユダヤ人の共同体は森の中に家を建て、やがて彼らは“ビエルスキ・パルチザン(武装組織)”と名乗り、銃で武装し始める。だがドイツ軍への攻撃を行なっていたある日、銃撃戦で2人の犠牲者を出し、アザエルも行方不明に。森の中で、仲間の喪失や空腹、不安を抱え、同胞の間でもいざこざが起き始めていたとき、トゥヴィアは皆でこの森で暮らすことを提案。生き残ることが復讐だという彼の意見に仲間たちも賛同するのだった。そんな中、トゥヴィアがコスチュクの家に食料をもらいに行くと、2人のユダヤ人女性と共にアザエルがかくまわれており、コスチュクが納屋の先に吊るされ殺されていた。1942年。ソ連軍キャンプは敵の攻撃から逃れるため、撤退を始める。それを拒むズスだったが、ソ連軍は受け入れず、森を後にする。まもなくして森の中に爆弾が打ち込まれた。逃げ惑う人々。アザエルら数人が残り、銃を手に時間を稼ぐ。その間、トゥヴィアが仲間たちを誘導、森の奥へと進んでいった。ロープやベルトで全員をひとつ繋ぎにして、大きな沼をようやく渡りきると、そこにはドイツ軍が待ち受けていた。激しい銃撃戦が繰り広げられ、トゥヴィアたちは劣勢を強いられていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年3月上旬号

REVIEW 外国映画:「ディファイアンス」

特集「ディファイアンス」:エドワード・ズウィック監督ロング・インタビュー

特集「ディファイアンス」:作品評