男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

余命

  • よめい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    57.7点(30人)

  • 観たひと

    61

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2009/2/7
上映時間 131分
製作会社 「余命」製作委員会
配給 S・D・P
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 DTS
上映フォーマット

スタッフ

監督生野慈朗 
脚本河原れん 
生野慈朗 
原作谷村志穂:(「余命」(新潮社刊))
企画河原れん 
製作細野義朗 
島本雄二 
高田佳夫 
若杉正明 
吉鶴義光 
大宮敏靖 
プロデューサー岩倉達哉 
久保理茎 
撮影佐光朗 
美術高橋泰代 
マットペイント柴本幸弘 
アシスタントプロデューサー飯田美保 
装置加藤千博 
園芸西田敏行 
塗装百瀬達夫 
持道具坂井之納 
音楽富貴晴美 
撮影助手真田慧子 
音楽プロデューサー藤田雅章 
主題曲/主題歌twenty4-7:(「Get A Life~Again~」(rhythm zone))
録音吉田憲義 
光学録音佐野謙二 
音響効果渋谷圭介 
照明加瀬弘行 
編集並木加代 
ネガ編集岡田輝満 
衣装デザイン川崎健二 
北村彩子 
松雪泰子スタイリストDie-co★ 
ヘアメイク小沼みどり 
松雪泰子ヘアメイク宮本奈々 
フィルムスキャニング安達大二郎 
フィルムレコーディング熊倉怜 
音楽演奏加藤高志ストリングスグループ 
升本格 
広多智香 
千代正行 
堤博明 
富貴晴美 
選曲辻田昇司 
音楽録音エンジニア田中実 
音楽録音アシスタントエンジニア高橋利幸 
キャスティング協力瀬川稔 
兼湖いづみ 
エキストラ担当廣田逸平 
アソシエイト・プロデューサー梅本竜矢 
ライン・プロデューサー鈴木勇 
制作主任増子美和 
飛鷹理紗 
制作デスク田辺純江 
制作担当浅井洋一 
製作進行/プロダクション・マネージャー伊達真人 
今井聖 
大野光広 
監督補川原圭敬 
助監督宮本忠栄 
スクリプター/記録目黒亜希子 
スチール西永智成 
オプチカル金子鉄男 
VFXディレクター浅川聡志 
VFXアシスタントPatcharee Tayjan 
SFX/VFXプロデューサー西村敬喜 
高橋洋子 
特殊メイク江川悦子 
機材担当三輪孝夫 
車輌藤井英二 
比嘉實 
川村貴之 
コンポジット影山達也 
前田嘉孝 
小川清輝 
吉田暁洋 
Natthapong Jarernsri 
Athicha Uarakwongchai 
Patcharee Pornpichayavasin 
Akachai Nakparsit 
Watsathorn Rueng Jiraurai 
題字/タイトル津田輝王 
関口里織 
テクニカルコーディネーター高野光啓 
美術デスク柳堀衷一 
装飾助手北村智美 
岩本智弘 
照明トラック鈴木英士 
音響効果助手佐藤祥子 
ヘアメイク助手楮山理恵 
特殊メイク助手須賀寛子 
衣装助手小久保亜美 
稲田さや夏 
「余命」製作委員会太田恭子:(S・D・P)
鈴木謙一:(S・D・P)
山本大起:(S・D・P)
白石統一郎:(電通)
菊地哲哉:(電通)
田中渉:(電通)
早川英:(電通)
岡伸彦:(電通)
落田淳:(電通)
諏訪宏:(電通)
杉浦幹男:(アジアンブルームス)
二村慈哉:(アジアンブルームス)
花崎あゆみ:(アジアンブルームス)
伊藤典子:(アジアンブルームス)
矢部佐織:(ツイン)
金恵玉:(ツイン)
高水美佐:(TSUTAYAグループ)
浅野由香:(TSUTAYAグループ)
檜山郁:(TSUTAYAグループ)
宣伝プロデューサー岩倉達哉 
宣伝アシスタントプロデューサー志賀隆一 
医療総監修岩瀬哲:(東京大学医学部附属病院)
医療監修吉田和彦:(東京慈恵会医科大学)
磯西成治:(東京慈恵会医科大学)
羽生健:(東京慈恵会医科大学)
南雲吉則:(ナグモクリニック)
医事指導田中雄二朗:(東京慈恵会医科大学)
榊原慶介:(順天堂大学)
中村聡子:(Home Birthつむぎ)
方言指導露崎博子 
田中安壽 
喜平初男 
小林園枝 
取材協力寺本薫子:(カケロマドットコム)
松尾敏明:(加計呂麻徳州会診療所)
撮影応援北信康 
美術応援渡辺霞 
装飾河合良昭 
演出助手中村大輔 
高田省吾 
後藤倫代 
撮影助手平林利徳 
佐藤有 
松尾直人 
撮影効果小窪美佳 
越善史奈 
照明助手木村伸 
大石勝巳 
小野村宗則 
近松光 
山田麻里子 
ジェネオペレーター神山輝朗 
録音助手西條博介 
森慶太 
美術助手新垣博人 
小竹森智子 
田中直純 
小道具広瀬辰也 
大道具根岸良多 
編集助手青野直子 
タイミング高橋守朗 
上野芳弘 
メイキング瀬田なつき 
制作応援黛威久 
井上順 
佐藤龍春 
演技事務飯田美保 
宣伝曾鳳儀 
曽原千尋 
鳩貝富裕 
南大樹 
久井直人 
劇場宣伝所亜紀 
川初佳弘 
予告月川翔 
中島良 
書籍引用ミヒャエル・エンデ:(「モモ」大島かおり訳(岩波書店刊))

キャスト

解説

待望の子供を授かるも乳癌が再発した外科医が、1人で病に立ち向かう姿を描くヒューマンドラマ。原作は谷村志穂の同名小説。監督は「手紙」の生野慈朗。出演は、「フラガール」の松雪泰子、「金融腐蝕列島[呪縛]」の椎名桔平。2008年東京国際映画祭日本映画・ある視点部門出品、2008年台湾金馬国際映画祭特別招待作品。

あらすじ

大学病院に勤める38歳の外科医・百田滴(松雪泰子)は結婚10年目の記念日に、夫・良介(椎名桔平)との子供を授かったことを知る。滴は10年前に乳癌で右胸を全摘出し、子供を諦めていただけに、喜びも一入だった。ある日、滴は右胸に赤い斑点を見つける。自分で検査をした結果、炎症性乳癌の再発だった。子供を産んで寿命を縮めるか、子供を諦めて治療に専念するか、滴は選択を迫られる。出産を反対されると思い、良平には再発を告げられない。滴は休暇を取り、亡き母の故郷・奄美へ、良介と一緒に向かう。奄美では、従姉妹のひかり(市川美和子)の家族らが滴たちを温かく迎える。奄美の自然に触れ、美しい夕日を前に、滴は1人で病に立ち向かう決心をする。東京に戻った滴は病院に辞表を出す。良介もかつては医者を目指していたが、今はフリーカメラマンとして不安定な生活を送っていた。将来の不安から、滴は良介に辛く当たってしまう。気まずいまま、良介は長期の仕事で遠い離島へ旅立つ。出産予定日の半月も前に滴は破水する。良介と連絡が取れないまま、滴は1人で男の子を出産する。元同僚・保井(奥貫薫)や、夫婦の友人である秀美(宮崎美子)と晃三(二階堂智)の吉野夫妻に支えられながら、滴は良介の帰りを待つ。ようやく良介が帰ってきたときには、滴はすでに病魔に倒れ、入院していた。良介は自分に病気のことを言わなかったことを責めるが、滴の素直な思いを優しく受け止める。2人は子供を“瞬太”と名付け、滴の最期の日々を奄美で過ごす。数年後、中学生になった瞬太(林遣都)は、奄美で母と同じように夕日を見ている。良介は医師となり、瞬太を見守っている。

関連するキネマ旬報の記事

2009年2月上旬号

インタビュー:生野慈朗監督「余命」

2009年1月上旬新春号

スペシャルレポート:「余命」 in 台湾金馬国際映画祭

HOT SHOTS:「余命」 in 台湾金馬国際映画祭