男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

うん、何?

  • うんなん
  • Un-Nan
  • UN-NAN

amazon


  • 平均評点

    57.1点(17人)

  • 観たひと

    27

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/11/29
上映時間 123分
製作会社 「うん、何?」製作委員会(アトリエ・ドゥ・レーヴ=護縁)
配給
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督綿織良成 
脚本綿織良成 
原案綿織良成 
エグゼクティブプロデューサー林昭夫 
プロデューサー宇都宮睦登 
佐藤唯史 
撮影はやしまこと 
美術太田喜久男 
音楽浜田真理子 
音楽プロデューサーノグチアツシ 
録音小松将人 
白取貢 
デジタル光学録音中山義廣 
宇田川章 
大場広樹 
音響効果小島彩 
照明吉角荘介 
田辺浩 
編集関口勇哉 
ネガ編集中溝克之 
衣装デザイン小堀あさみ 
秋場大典 
ヘアメイク宮本知弥 
ラボコーディネーター岡田浩二 
スタジオマネージメント黒沢玲子 
テーマ曲「アンダンテ」作曲浜田真理子 
テーマ曲「アンダンテ」作詞浜田真理子 
「はやしこ太鼓」作曲景山道隆 
松下周二 
音楽録音Kazuyuki Matsumura 
選曲元倉宏 
アソシエイト・プロデューサー田中学 
ライン・プロデューサー安齋みき子 
制作主任櫻井健作 
製作進行/プロダクション・マネージャー教野陽子 
山田絋正 
若林重武 
助監督末永賢 
スクリプター/記録木村晃子 
スチール山下大輔 
村田憲治 
オプチカル金子鉄男 
山岸江美 
アクションセイフティ田淵景也 
川名求巳 
特機石綿宏之 
車輌大川健志 
滝川正幸 
白根敬造 
伊江朝茂 
林隆喜 
コンポジット関口勇哉 
題字/タイトル津田輝王 
若月響子 
音響効果助手勝亦さくら 
整音助手渡辺真司 
衣装助手長田紫乃 
ヘアメイク助手長渕文恵 
HP制作神田さわみ 
祝言指導渡部良治 
方言指導稲岡恵子 
鳥屋武信 
佐藤弘之 
太鼓指導松下周二 
美術応援石田昌巳 
スチール応援安川典子 
米井美由紀 
車輌応援広沢正 
大坂潔 
藤原光春 
高尾禮次 
須山忠晴 
難波一男 
松尾勇 
廣田績 
景山里美 
製作応援中村有孝 
音楽協力四家卯大 
江藤直子 
芳垣安洋 
特別協力陶山吉朗 
演出助手茶谷和行 
林啓史 
撮影助手渡邉隆輔 
溝口伊久江 
鷲田進 
若月響子 
照明助手池田靖啓 
水瀬貴裕 
中尾愛 
谷口大祐 
録音助手照井康政 
飯塚乾 
中里崇 
森川敦史 
布施和行 
美術助手粕谷裕美 
野中謙一郎 
装飾池田亮平 
録音スタジオ担当高坂隆 
タイミング高橋モリオ 
製作担当雲井成和 
音楽制作市川重樹 
メイキング関口勇哉 
葬儀西古孝道 
石井秀俊 
製作法務児玉譲 

キャスト

解説

「ミラクルバナナ」の錦織良成監督による「白い船」に続く島根三部作の第2弾。神話と一体になった大自然とそこで生きる人々の姿を描く。出演は「クローズZERO」の橋爪遼、「むずかしい恋」の柳沢なな、「雨あがる」の宮崎美子、「真夜中の少女たち」の松澤傑、「魁!!男塾」の平田薫、「休暇」の菅田俊など。

あらすじ

島根県・雲南市。須賀鉄郎(橋爪遼)は、棚田が広がる高台の農家に暮らす雲南高校3年生。父・伊佐郎(菅田俊)の工場で作られる新鮮な牛乳を入院中の母・奈美(宮崎美子)に毎朝届けることが彼の日課だった。目下の悩みは卒業後の進路と、想いをなかなか伝えられずにいる幼馴染で同級生の稲田多賀子(柳沢なな)のこと…。夏休み前のある日、郷土を愛してやまない熱血教師・尾崎拓也(甲本雅裕)は鉄郎たちクラス一同を、特別授業と称して市内の名所・旧跡に連れ出す。出雲神話の伝承地のひとつ、八口神社にある“印瀬の壺神”。ここにはスサノオノミコトがヤマタノオロチ退治の時に八塩折の酒を入れた八つの壺のうちのひとつがまつられており、昔、中の壺を見ようと一人の青年がふたを開けると、地鳴りがして大雨が降ったと言い伝えられてきた。鉄郎のクラスメート、西尾裕二(松澤傑)と神在久美子(平田薫)は、鉄郎と多賀子の仲を取り持とうと“龍頭が滝”に二人を呼び出すが上手くいかない。さらに懲りない裕二は宇都宮国彦(岡太一)と謀り、今度は“天が淵”へ誘い出すが、これも失敗に終わった。そんな中、多賀子の水泳部の先輩で、オリンピック強化選手にも選ばれている佐藤信吾(黄川田将也)が夏休みを利用して帰ってくる。400年の歴史を誇る大東七夕祭りの日。久美子と玉串圭子(加藤侑紀)は、信吾を見つけると、多賀子を押し付けようとする。その時、鉄郎たち3人はある企みのため“壺神”の前に立っていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年1月上旬新春号

評論家発映画批評:「うん、何?」

2008年12月下旬号

Kinejun Select キネマ旬報が選ぶ今号の1本:「うん、何?」