男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ディボース・ショウ

  • でぃぼーすしょう
  • Intolerable Cruelty
  • Intolerable Cruelty

amazon


  • 平均評点

    62.9点(147人)

  • 観たひと

    290

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2004/4/10
上映時間 102分
製作会社
配給 UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

一作ごとに映画の豊かさを堪能させてくれるコーエン兄弟。今作のテーマは、結婚の虚実。莫大な慰謝料を巡る男と女の駆け引きを、ユーモアもふんだんに描いたラブ・ストーリーだ。目を惹くのは、ジェットコースターのような語りのテンポ。タイトルが浮かんだかと思うと瞬く間にドラマに引き込まれ、気が付くと102分の上映時間が過ぎ去ってしまう。この眩暈がしそうな爽快感は、ホークスやルビッチといった巨匠が遺したスクリューボール・コメディを思わせる。

あらすじ

セレブの結婚と離婚がお盛んなロサンゼルス。マイルズ・マッシー(ジョージ・クルーニー)は、この街一番の離婚訴訟専門の弁護士。妻の浮気が原因で離婚を申し立てたTVプロデューサーは、妻の弁護を務めたマイルズの計略に嵌まり、全財産を没収されてしまう。そんな辣腕のマイルズを頼り、美貌の妻・マリリン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)に離婚を迫られた不動産王が駆け込んで来る。浮気現場をビデオに撮られ、不利な状況のレックス陣営。だがマイルズはマリリンをディナーに誘い、彼女の弱みを探り出してゆく…。

関連するキネマ旬報の記事

2004年6月下旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:ディボース・ショウ

2004年5月上旬特別号

劇場公開映画批評:ディボース・ショウ

2004年4月下旬号

特集 「ディボース・ショウ」:コーエン兄弟(監督) インタビュー

特集 「ディボース・ショウ」:作品評