男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

純喫茶磯辺

  • じゅんきっさいそべ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.8点(173人)

  • 観たひと

    326

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/7/5
上映時間 113分
製作会社 「純喫茶磯辺」製作委員会(ムービーアイ・エンターテインメント=メディアファクトリー=テレビ大阪=WOWOW=テレビ愛知)
配給 ムービーアイ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット

スタッフ

監督吉田恵輔 
脚本吉田恵輔 
企画小出健 
プロデューサー小出健 
武部由実子 
渡辺和昌 
撮影村上拓 
音楽プロデューサー横山剣 
萩野知明 
主題曲/主題歌クレイジーケンバンド 
挿入曲ピストルバルブ 
録音湯脇房雄 
照明山田真也 
編集吉田恵輔 
スタイリスト小林純子 
ヘアメイク田代ももこ 
制作担当三上慎一 
助監督寺地雄一郎 

キャスト

出演宮迫博之 磯部裕次郎
仲里依紗 磯部咲子
濱田マリ 麦子
近藤春菜 江頭麻美
ダンカン 小沢
和田聰宏 安田
ミッキー・カーチス 本郷
斎藤洋介 柴田
麻生久美子 菅原素子

解説

喫茶店経営を始めた不器用な父娘の姿を描くハートフル・コメディ。監督・脚本・編集は「机のなかみ」の吉田恵輔。出演は「魍魎の匣」の宮迫博之、「ちーちゃんは悠久の向こう」の仲里依紗、「夕凪の街 桜の国」の麻生久美子、「アンフェアthe movie」の濱田マリほか。

あらすじ

水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)は、8年前に妻・麦子(濱田マリ)が家を出て以来、高校生の一人娘・咲子(仲里依紗)と公営団地でふたり暮らし。ある日、父が急死したことで、多額の遺産が舞い込んできた裕次郎は、それを元手に喫茶店を始めることを決意する。ところが裕次郎は、喫茶店の経営どころか、接客も料理も全くの素人だった。計画性のないまま、地元の商店街に喫茶店をオープン。しかも、娘の意見には耳も傾けず、勝手に店名を“純喫茶磯辺”としてしまう。そんな父の行動に呆れる咲子だったが、夏休みのあいだ、店の手伝いをすることになる。裕次郎はアルバイトの江頭(近藤春菜)を雇うが、お客の入りはサッパリ。そんな中、たまたま店に来た美人の素子(麻生久美子)がアルバイトを探していると知ると、裕次郎は江頭をクビにして素子を雇う。ところがその後、状況は一転、いつしか店内には常連客が入り浸るようになった。いつも葉巻片手にカウンターに座る本郷(ミッキー・カーチス)、誰とも構わず出身地を聞きまくる柴田(斎藤洋介)、明らかに素子へのセクハラ目的な小沢(ダンカン)……。一方、素子への下心がミエミエな裕次郎とまんざらでもない素子の行動に、咲子は苛立ちを募らせる。咲子は、麦子と裕次郎の再婚を密かに願っていたのだ。やがて、店の常連客に小説家の安田(和田聰宏)が加わる。新作を執筆しているという彼の姿に咲子は次第に惹かれていくが、今度は裕次郎がそんな咲子を気に入らない様子だったが……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年8月下旬号

劇場公開映画批評:「純喫茶磯辺」

2008年7月下旬号

作品特集 「純喫茶磯辺」:吉田恵輔[監督] インタビュー

作品特集 「純喫茶磯辺」:作品評

作品特集 「純喫茶磯辺」:ちょっと早いが監督論

2008年1月上旬新春号

特別企画 現場百景/08年期待の新作撮影現場ルポ:純喫茶磯辺