男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スピード・レーサー

  • すぴーどれーさー
  • SPEED RACER
  • SPEED RACER

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    61.3点(158人)

  • 観たひと

    287

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2008/7/5
上映時間 135分
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

日本製のアニメながら、世界各国で放映されて大人気となった『マッハGoGoGo』をハリウッドで実写化。「マトリックス」シリーズのジョエル・シルバーがプロデュースし、ウォシャウスキー兄弟が脚本・監督を手掛けた。レース・シーンをはじめ究極的なCGで、これまで誰も見たことのない実写とアニメを融合した革新的映像のドラマとなった。主演は、「ロード・オブ・ドッグタウン」のエミール・ハーシュ。共演に「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、「デッドマン・ウォーキング」でアカデミー女優賞に輝いたスーザン・サランドン。

あらすじ

幼い頃からクルマにしか興味を持てなかったスピード(エミール・ハーシュ)は、レースカーの設計師である父のレーサー(ジョン・グッドマン)や母(スーザン・サランドン)や弟と、そして恋人トリクシー(クリスティーナ・リッチ)らに囲まれて、幸福なレーサー生活を送っていた。ただひとつのトラウマは、8年前にラリーのレース中に事故で他界した兄のことだった。伝説的なレーサーだった兄の薫陶を受けて、スピードはクルマの魅力に取り憑かれたのだ。そして現在も、兄の残した記録を超えることはできなかった。そんなスピードの技術に目をつけたローヤルトン(ロジャー・アラム)は、契約レーサーとなるよう誘いをかけてくる。大企業のオーナーであるローヤルトンは、レース界でも絶大な権力を持っていた。しかし、父が経営する小さな製作所に愛着のあるスピードは、そのオファーを断った。激怒したローヤルトンは、レース業界の恐るべき内幕を暴露する。メジャーなレースでは、権力者たちに操られたレーサーたちが不正な結果を出し、そのバックの企業が株式取引で莫大な富を得ているというのだ。それを聞いて、スピードは気がつく。兄は、その不正と闘っていたのだと。腐ったレース界の正体を暴くため、父の反対を押し切ってカーサ・クリスト・ラリーに出場するスピード。あらゆる反則でスピードを邪魔しようとする他のクルマの中、覆面をしたレーサーXだけが味方となってくれた。レーサーXの正体は、もしかして兄ではないかとスピードは考え始める。カーサ・クリスト・ラリーで勝利したスピードは、ローヤルトンに大きなダメージを与えた。そして、スピードはグランプリの出場権を得て、そこでも優勝を飾る。 チャンピオンとなったスピードを、レーサーXが見守っていた。やはり彼は、兄だったのだ。レース界の不正を暴いたスピードには、新たなレーサー人生を歩み始める。

関連するキネマ旬報の記事

2008年8月上旬号

HOT SHOTS:「スピード・レーサー」来日

2008年7月下旬号

作品特集 「スピード・レーサー」:作品評

作品特集 「スピード・レーサー」:監督論

作品特集 「スピード・レーサー」:オリジナル「マッハGoGoGo」を生んだタツノコプロ