男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Sweet Rain 死神の精度

  • すうぃーとれいんしにがみのせいど
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    67.2点(155人)

  • 観たひと

    298

  • 観たいひと

    41

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/3/22
上映時間 113分
製作会社 日本テレビ=ROBOT=ワーナー・ブラザーズ映画=バップ=読売テレビ=三井物産=ソニー・ミュージックエンタテインメント
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督筧昌也 
脚本小林弘利 
筧昌也 
原作伊坂幸太郎 
エグゼクティブプロデューサー奥田誠治 
阿部秀司 
プロデューサー堀部徹 
神蔵克 
倉田貴也 
撮影柴主高秀 
美術清水剛 
音楽ゲイリー芦屋 
録音藤本賢一 
音響効果岡瀬晶彦 
照明蒔苗友一郎 
編集伊藤伸行 
スタイリスト伊賀大介 
キャスティング明石直弓 
アソシエイトプロデューサー小出真佐樹 
ラインプロデューサー石田和義 
小島伸也 
制作担当角田隆 
助監督吉田亮 
スクリプター皆川悦子 
スチール加藤義一 
VFXプロデューサー石井教雄 
特機奥田悟 
装飾秋田谷宣博 

キャスト

出演金城武 死神・千葉
小西真奈美 藤木一恵 27歳
富司純子 かずえ 70歳
光石研 藤田敏之
石田卓也 阿久津伸二
村上淳 青山
奥田恵梨華 竹子
吹越満 大町健太郎

解説

不慮の死を判定する死神と、そのターゲットとなる人々の半生を見つめるハートウォーミング・ファンタジー。『アヒルと鴨のコインロッカー』『陽気なギャングが地球を回す』の伊坂幸太郎の小説『死神の精度』を原作に、「美女缶」の筧昌也が監督した。主演は、「恋する惑星」「リターナー」の金城武。そして、「blue」「UDON」の小西真奈美、「フラガール」の富司純子らが脇を固める。テーマ曲『Sunny Day』は、小西真奈美が役名の藤木一恵で歌っている。

あらすじ

死神の仕事は、人が不慮の死を迎える7日前に現れて観察し、その死を「実行」か「見送り」か判定すること。晴れた空を見たことがない、雨男の死神・千葉(金城武)にとって今回のターゲットは、27歳のOLである藤木一恵(小西真奈美)だった。彼女は、電機メーカーのサポートセンターに勤務し、あるクレーマーからの執拗な苦情電話に悩まされていた。一恵に接近した千葉は、その不幸な身の上話を聞かされる。彼女は、両親をはじめ、周囲の親しい人物たちが次々に死に見舞われてきたというのだ。そんな彼女に、初めて明るい兆しが訪れた。クレーマーの正体は音楽プロデューサーであり、一恵の澄んだ声に惚れ込んで歌手デビューを迫ってきたのだ。ようやく幸福に恵まれた彼女を見た千葉は、その人生を「見送り」と決めた。上司であり、相棒でもある黒い犬から責められながらも…。次の千葉のターゲットは、ヤクザの藤田(光石研)だった。弟分の阿久津(石田卓也)から一途に慕われるほど侠気の強い藤田は、単身で敵対する組へと乗り込んだ。罠にはめられた藤田だが、それでも抗争には勝利する。目的を果たした翌日、藤田は交通事故で他界した。そして、千葉が訪れたのは海辺の理髪店だった。そこでは老女のかずえ(富司純子)がロボットの竹子(奥田恵梨華)と、ひっそり営業していた。千葉の正体を死神と見破ったかずえは、明後日に大勢の子供の客を集めて欲しいと頼む。最後の願いを叶えようと、悪戦苦闘して子供たちを集めた中に、ひとりだけ違う子供がいた。その子は、かずえにとっての孫だった。かずえは藤木一恵の成長した姿であり、そんな一恵の息子が阿久津だったのだ。親子三代にもわたる生涯を見守り続けてきた千葉は、珍しく晴れた空の下でかずえとともに広大な海に臨む。そして、いつにない心のやすらぎを感じるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2008年4月上旬号

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:グラビア

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:金城武 インタビュー

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:金城武俳優論

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:伊坂幸太郎作品とその映像化

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:筧昌也[監督] インタビュー

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:筧昌也フィルモグラフィー

巻頭特集 「Sweet Rain 死神の精度」:筧昌也監督論