男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

リアル鬼ごっこ(2007)

  • りあるおにごっこ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    48.7点(181人)

  • 観たひと

    333

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2008/2/2
上映時間 98分
製作会社 ジェネオン エンタテインメント=電通
配給 ファントム・フィルム
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督柴田一成 
アクション監督谷垣健治 
脚本柴田一成 
原作山田悠介 
エクゼクティブ・プロデューサー中沢敏明 
柳舘毅 
企画統括遠谷信幸 
企画松山正明 
林朋夫 
内布麻紀 
辻畑秀生 
製作気賀純夫 
プロデューサー吉田浩二 
川崎隆 
共同プロデューサー佐藤敏宏 
撮影早坂伸 
美術大庭勇人 
音楽岩代太郎 
主題歌KOTOKO 
録音松本昇和 
照明鈴木秀幸 
VFXスーパーバイザー小田一生 
特殊メイクマイケル・T・ヤマグチ 
特殊造型マイケル・T・ヤマグチ 

キャスト

出演石田卓也 佐藤翼
谷村美月 佐藤愛
大東俊介 佐藤洋
松本莉緒 渡辺かをり
吹越満 佐藤輝彦
柄本明 王様

解説

山田悠介の同名小説を映画化。西暦3000年の王政が敷かれた日本で、王の命令により狙われる“佐藤”姓を持つ人間たち。捕まれば即死刑という状況で奔走する若者を描く。「魍魎の匣」プロデューサーの柴田一成の長編初監督作品。出演は「グミ・チョコレート・パイン」の石田卓也、「魍魎の匣」の谷村美月、「クローズZERO」の大東俊介ら。

あらすじ

日本にもっとも多いとされる苗字“佐藤”。テレビでは、最近その佐藤姓の人間が死因は様々であっても相次いで亡くなるという奇妙なニュースが流れていた。佐藤翼(石田卓也)には、母親の死後アルコール依存症となっている父親と、生まれつき言葉と感情を失い入院している妹の愛(谷村美月)がいる。不良高校生である翼は、佐藤洋(大東俊介)率いる敵対グループに毎日のように追われていた。翼と洋は元々幼馴染であったが、今では疎遠となっている。ある日、翼がついに追っ手に捕まってしまうが、その瞬間、洋の前から翼は忽然と姿を消す。翼が気がつくと、取り囲まれていた不良たちはひとりもおらず、あたりは静寂に包まれていた。状況がわからず翼は戸惑う。そこへ今度は洋が物凄い形相で突進してくる。反射的に逃げる翼だが、洋もまた何者かに追われていた。二人を追うのは黒装束に赤く光る目の仮面をつけた“鬼”たちであった。事情を聞くと、この世界では王政が敷かれており、“佐藤”姓を持つ人間は一日のうちの数時間、王の仕向けた鬼によって追いかけられ、捕まれば死刑という殺人ゲームが行われている、という。何とかその日のゲームを逃げ切った二人の前に、少女が現れる。妹の愛と全く同じ顔をしているものの、翼の知る愛とは正反対の明るく健康的な別人になっている。愛によると、この世界は現実世界と平行して存在するパラレルワールドで、同一人物の生と死がリンクしているという。つまり、こちらで死んでしまえば、現実世界の自分も死ぬことになる。佐藤姓を持つ人間が次々に死亡していたのはこのためであった。愛は翼に助けを求める。混乱する翼だったが、この世界で愛を守れなければ、現実世界の愛も死んでしまうことになる。命をかけた鬼ごっこ、決心した翼は愛と家族を守るため、走り出した!

関連するキネマ旬報の記事

2008年3月上旬号

劇場公開映画批評:「リアル鬼ごっこ」