男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あしたの私のつくり方

  • あしたのわたしのつくりかた
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.8点(90人)

  • 観たひと

    161

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/4/28
上映時間 97分
製作会社 日活/博報堂DYメディアパートナーズ/ソニー・ミュージックエンタテインメント/スカパー・ウェルシンク/講談社/朝日新聞社/テレビ朝日
配給 日活
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督市川準 
脚本細谷まどか 
原作真戸香 
企画椋樹弘尚 
藤巻直哉 
製作佐藤直樹 
安永義郎 
渡辺純一 
大塚徹哉 
富田裕 
亀山慶二 
製作担当大沢忠生 
プロデューサー角田豊 
川上竜生 
細谷まどか 
撮影鈴木一博 
美術山口修 
音楽佐々木友理 
音楽監修周防義和 
音楽プロデューサー和田亨 
主題歌シュノーケル 
録音橋本泰夫 
藤丸和徳 
音響効果伊藤進一 
照明中須岳士 
編集三篠和生 
衣裳宮本まさ江 
ヘアメイク細倉明日歌 
VE香山達也 
助監督山田敏久 
スクリプターたか田優 
スチール木下トヲル 
装飾松田光畝 

キャスト

出演成海璃子 大島寿梨
前田敦子 花田日南子
高岡蒼佑 田村博之
柄本時生 
桜田通 
柳英里紗 
藤田桃子 
近藤芳正 古垣賢一
奥貫薫 日南子の母
田口トモロヲ 上島浩二
児玉貴志 
角舘玲奈 
政岡泰志 
石原真理子 大島さつき
石原良純 杉谷正

解説

周囲になじめない10代の少女たちが、本当の自分を探して揺れ動く様を描いた思春期ドラマ。原作は真戸香。出演は「神童」の成海璃子、アイドルグループ“AKB48”の前田敦子、「さらば愛しき人よ」の石原真理子。監督は「あおげば尊し」の市川準。

あらすじ

とある小学校の教室。寿梨(成海璃子)は仲間外れの恐怖から、友達に合わせてしまう自分に違和感を感じている。そしてケンカばかりしている父(石原良純)と母(石原真理子)を仲良くさせたくて、いい娘であろうと努める日々。だが中学受験に失敗。久々に学校に戻ると、密かに憧れていた人気者の日南子(前田敦子)が、クラス中から無視される存在に転落していた。卒業式の日、寿梨と日南子は初めて二人きりで話す。中学校に入学してからも、日南子へのイジメは続いていた。そして寿梨の両親がついに離婚。寿梨は母と二人で新生活を始めることに。高校に入学。寿梨は文芸部に入るが、相変わらず周囲に調子を合わせ続ける窮屈な日々。そんなある時、寿梨はクラスの女子が日南子の噂話しているのを耳にする。彼女は山梨に引っ越したのだという。その夜、寿梨は自分をコトリと名乗り日南子にメールする。送り始めたのは「ヒナとコトリの物語」。人気者の転校生ヒナのハッピーな学園生活を、創作で綴っていく寿梨。やがてこの物語に魅了された日南子は、ヒナの行動を真似するうちに、本当に人気者になっていく。一方、寿梨は「ヒナとコトリの物語」を本格的な小説にし、文芸部の顧問の先生(高岡蒼甫)から褒められる。だが日南子はやがて、ヒナを真似する自分と本当の自分とのギャップに悩み始める。寿梨も、母の新たな恋人(田口トモロヲ)の出現で心のバランスを崩していく。そしてある日、寿梨と日南子は電話ですべての胸の内をお互いさらけ出すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年7月下旬号

劇場公開映画批評:あしたの私のつくり方

2007年5月上旬号

キネ旬チョイス 「あしたの私のつくり方」:市川準[監督] インタビュー

キネ旬チョイス 「あしたの私のつくり方」:作品評