男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

  • しんきゅうせいしゅでんせつほくとのけんらおうでんげきとうのしょう
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.6点(15人)

  • 観たひと

    35

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル アニメーション / アクション
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/4/28
上映時間 90分
製作会社 ノース・スターズ・ピクチャーズ
配給 デスペラード
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督平野俊貴 
脚本堀江信彦 
鴨義信 
真辺克彦 
原作武論尊 
原哲夫 
製作総指揮堀江信彦 
井本満 
製作プロデューサー飛田野和彦 
加藤友誠 
アニメーションプロデューサー吉岡昌仁 
レイアウト監修吉原俊一郎 
キャラクターデザイン佐藤正樹 
レイナキャラクターデザイン北条司 
総作画監督佐藤正樹 
撮影監督佐藤正人 
美術監督吉原俊一郎 
音楽梶浦由記 
編集田熊純 
特別制作協力北条司 

キャスト

出演阿部寛 ケンシロウ
宇梶剛士 ラオウ
石田ゆり子 ユリア
角田信朗 赤鯱
柴咲コウ レイナ
堀内賢雄 トキ
大塚周夫 リュウケン
坂本真綾 リン
波川大介 バット
郷里大輔 フドウ
檜山修之 シュレン
宝亀克寿 リハク

解説

人気漫画「北斗の拳」の劇場版アニメーション作品。北斗ワールドには数々の謎が存在するがその謎を解き明かし、より壮大なサーガとするのが「真救世主伝説 北斗の拳」五部作で、本作はその第三部となる。声の出演者として、阿部寛、宇梶剛士、石田ゆり子らが名を連ねている。監督は「レイアース」の平野俊貴。

あらすじ

核戦争後の荒れ果てた世界。一子相伝・北斗神拳の伝承者ケンシロウ(声:阿部寛)はその拳をもって弱き者のために戦い続けていた。一方、その暴力の荒野に自らを拳王と名乗る覇者が現れた。その名はラオウ(声:宇梶剛士)。ケンシロウの兄だった。彼は暴力と恐怖により民衆を支配しようとする。北斗神拳伝承者の誇りをかけたケンシロウとラオウは、敵対せざるを得ない運命にあった。そんなある時、ラオウの前に鉄仮面で素顔を隠した「南斗最後の将」を名乗る謎の人物、そしてその将に従う「義勇軍」が立ちふさがった。「南斗最後の将」を守る炎のシュレン、山のフドウ、海のリハクら、「南斗五車星」は、愛と哀しみを背負って民衆と共に暴力と戦い続けてきたケンシロウを救世主とし、拳王軍に立ち向かおうとする。ケンシロウは山のフドウに出会い、義勇軍とともにラオウに挑むことを決意した。一方、ラオウは自分が倒した義父・リュウケンの亡霊に悩まされていた。リュウケンは今のラオウではケンシロウに勝てぬこと、ラオウの覇業が脆いものであることを告げる。だが、あくまで覇業の大義が自らにあると信じて疑わないラオウは、全軍を持って「南斗最後の将」の居城に向かった。そして、その正体がかつて愛した女ユリア(声:石田ゆり子)であったことを知る。ケンシロウも、まだユリアが生きていたことを知り、彼女を助けるために駆けつけた。こうして北斗の兄弟は、宿命によって否応無く最後の闘いへと導かれるのだった。

関連するキネマ旬報の記事