男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

モンスター・ハウス

  • もんすたーはうす
  • MONSTER HOUSE
  • MONSTER HOUSE
  • 平均評点

    58.9点(79人)

  • 観たひと

    174

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル アニメーション / ホラー
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/1/13
上映時間 90分
製作会社 レラティヴィティ・メディア=イメージムーヴァーズ=アンブリン・エンタテインメント
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演(声)ミッチェル・ムッソ (声)DJ
サム・ラーナー (声)Chowder
スペンサー・ロック (声)Jenny
スティーヴ・ブシェーミ (声)Nebbercracker
キャスリーン・ターナー (声)Constance
マギー・ギレンホール (声)Zee
ジェイソン・リー (声)Bones
ジョン・ヘダー (声)Skull
ケヴィン・ジェームズ (声)Officer Landers
ニック・キャノン<声> (声)Officer Lister
フレッド・ウィラード (声)Dad
キャサリン・オハラ (声)Mom
ライアン・ニューマン (声)Little Girl
高山みなみ (声)DJ
宮里駿 (声)Chowder
石原さとみ (声)Jenny
泉谷しげる (声)Nebbercracker
磯部万沙子 (声)Constance
朴ロ美 (声)Zee
桐本琢也 (声)Bones
遠藤純一 (声)Skull
玄田哲章 (声)Officer Landers
高木渉 (声)Officer Lister
田中正彦 (声)Dad
佐々木優子 (声)Mom
諸星すみれ (声)Little Girl

解説

勇気、友情、正義、愛情が詰め込まれたホラー・アニメーション。声優にスティーヴ・ブシェミ、キャスリーン・ターナー、マギー・ギレンホールなど豪華な顔ぶれが揃っている。ロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた。

あらすじ

ハロウィン前日。12歳の少年DJ(声:ミッチェル・ムッソ)は、いつものように望遠鏡で向かいのネバークラッカーの家を観察していた。親友チャウダー(声:サム・ラーナー)のバスケットボールが、その敷地に入ってしまった。ボールを取るために、恐る恐る庭に入るDJ。そこへ、ネバークラッカー(声:スティーヴ・ブシェミ)が現れた。しかし、DJを捕まえた彼は、心臓発作で倒れてしまう。殺してしまったと落ち込むDJの元に、誰もいないはずの彼の家から電話がかかってきた。怖がるDJに助けを求められたチャウダーは、その家にピンポンダッシュを試みる。次の瞬間、玄関が口のように裂け、舌のような絨毯でチャウダーに襲いかかった。なんと、その家は、生きていたのだ。翌朝、彼らの望遠鏡に女の子の姿。お菓子を売りに来たジェニー(声:スペンサー・ロック)が、その家に向かおうとしていたのだ。モンスター・ハウスに食べられそうな所を、DJとチャウダーに助けられたジェニー。家の真相を確かめたい彼女は、2人と共にその家に立ち向かうことを決意する。建物の中へ忍び込み、心臓であるボイラーの火を消して、モンスター・ハウスの息の根を止めるのだ。モンスター・ハウスに忍び込んだ三人。建物の中は、まるで口の中のようになっていた。歯、舌、そして口蓋垂。眠ってしまったモンスター・ハウスに気付かれないように、DJたち3人は家の中を探検し始める。そこには、セメントに埋まった大女の死体。ところが、その大女につまづいたDJは、家を起こしてしまった。体内にいる3人の存在に気付き、猛烈に襲いかかるモンスター・ハウス。危機一髪の所で、機転を利かせたジェニーが口蓋垂を引っ張り、3人は家の外へと吐き出された。家の外に出たDJたちの前に、戻ってきたネバークラッカーの姿が、彼は、死んでいなかったのだ。彼の口から明かされる、モンスター・ハウスの秘密。それは……。

関連するキネマ旬報の記事