男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

かもめ食堂

  • かもめしょくどう
  • Kamome Diner
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    77.4点(747人)

  • 観たひと

    1325

  • 観たいひと

    73

  • レビューの数

    89

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006/3/11
上映時間 102分
製作会社 日本テレビ/バップ/幻冬舎/シャシャ・コーポレーション/パラダイス・カフェ/メディア・スーツ
配給 メディア・スーツ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督荻上直子 
脚本荻上直子 
原作群ようこ 
企画霞澤花子 
プロデューサー前川えんま 
天野眞弓 
撮影トゥオモ・ヴィルタネン 
美術アンニカ・ビョルクマン 
音楽近藤達郎 
エンディングテーマ井上陽水 
録音テロ・マルムベリ 
照明ヴィッレ・ペンッティラ 
編集普嶋信一 
スタイリスト掘越絹衣 
ヘアメイク宮崎智子 
アソシエイトプロデューサー森下圭子 
ラインプロデューサーティーナ・ブッテール 
スクリプター山縣有希子 
写真高橋ヨーコ 
エグゼクティブプロデューサー奥田誠治 
大島満 
石原正康 
小室秀一 
木幡久美 
整音林大輔 
フードスタイリスト飯島奈美 
コミュニケーションデザイン太田恵美 

キャスト

出演小林聡美 サチエ
片桐はいり ミドリ
もたいまさこ マサコ
ヤルッコ・ニエミ トンミ
タリア・マルクス リーサ
マルック・ペルトラ マッティ

解説

フィンランドの首都ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性が繰り広げる穏やかな日常を綴ったドラマ。監督は、「バーバー吉野」の荻上直子。出演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。「過去のない男」のマルック・ペルトラが共演。

あらすじ

夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。店主は日本人女性のサチエ(小林聡美)。献立はシンプルで美味しいものを、と考えるサチエは、メインメニューをおにぎりにした。しかし、客はなかなかやってこない。それでもサチエは毎日食器をぴかぴかに磨き、夕方になるとプールで泳ぎ、家に帰ると食事を作る。サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくると思っていた。そんなある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってきた。その日の夕方、サチエは書店のカフェで、難しい顔をして『ムーミン谷の夏まつり』を読んでいる日本人女性ミドリ(片桐はいり)に声をかける。フィンランドは初めてというミドリの話に何かを感じたサチエは、自分の家に泊まるようすすめる。そして、ミドリはかもめ食堂を手伝い始める。ある日、サチエがひとりで店番をしているかもめ食堂に、ひとりの中年男(マルック・ペルトラ)がふらりと入ってきた。訳ありげな佇まいの男は、美味しいコーヒーを入れるコツをサチエに伝授すると、またふらりと出て行く。そんな頃、またひとり、訳ありげな女性、マサコ(もたいまさこ)がヘルシンキのヴァンター空港に降り立った。スーツケースが運ばれてこないために、毎日空港へ確認に行かなければいけないマサコもまた、かもめ食堂を手伝うようになる。かもめ食堂は次第に人気が出はじめ、日々は穏やかに過ぎてゆくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年5月下旬号

Kinejun front:2 「かもめ食堂」ヒットの理由

2006年5月上旬号

劇場公開映画批評:かもめ食堂

2006年3月下旬号

作品特集 「かもめ食堂」:荻上直子監督 インタビュー

作品特集 「かもめ食堂」:小林聡美 インタビュー

作品特集 「かもめ食堂」:片桐はいり インタビュー

作品特集 「かもめ食堂」:もたいまさこ インタビュー

作品特集 「かもめ食堂」:コラム「食欲を引き起こす映画」

作品特集 「かもめ食堂」:作品評