男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

風のダドゥ

  • かぜのだどぅ
  • Hear the Sound of Life
  • ----

amazon


  • 平均評点

    55.2点(9人)

  • 観たひと

    12

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006/5/13
上映時間 95分
製作会社 劇場版『風のダドゥ』製作実行委員会
配給 角川ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督中田新一 
脚本南柱根 
企画中田新一 
安田公寛 
製作中田新一 
プロデューサー水野清 
撮影監督加藤雄大 
美術竹内公一 
録音岩丸恒 
照明和栗一彦 
編集桐畑寛 
VE三坂裕之 
キャスティング吉川威史 
アソシエイトプロデューサー木村良子 
小出史 
梅木康裕 
松尾美代 
ラインプロデューサー芳川透 
装飾相田敏春 

キャスト

解説

乗馬によって一体感が得られる『ホースセラピー』をテーマに、馬と人間の温かい心の交流を描く。監督は「ドン松五郎の生活」の中田新一。主演は映画初主演となる新星、木村文乃。そのほか、榎本孝明、勝野洋、萬田久子、犬塚弘ら。

あらすじ

春を待つ阿蘇山を、ひとり彷徨う16歳の少女─彼女の名は浅野歩美(木村文乃)。孤独感に耐えきれずに家を飛び出し、山中で意識を失い倒れていたところを装蹄師の桜田(犬塚弘)によって、彼が働く「阿蘇ふれあい牧場」へ運ばれる。牧場では、かつて競馬界で名調教師として名を馳せた安藤幹夫(勝野洋)とその家族、ある出来事をきっかけに過去を捨てた元高校教師、言葉を失った少年たちが暮らしていた。一命を取り留めた歩美は、しばらくそこで生活することを決意。阿蘇の雄大な自然の中、彼らの誠実な人柄にふれ、元競走馬メイワジョニーとの出逢いを通して、次第に心を開いていく。そんな矢先、「生きることを難しく考えるんじゃない」と励ましてくれた桜田の死を知り、歩美は深い失意の底に突き落とされる。生きる希望を見失った彼女に、再び生きる力を与えたものとは…。全てのものを包み込む雄大な自然、あらゆる悲しみを吹き払う清涼な風、正面からぶつかってきてくれる人々、そして心の慟哭を分かち合える一頭の馬。心身に深い傷を負った一人の少女は、かつて出逢ったことのない様々な優しさに触れ、戸惑いながらも再生してゆく……。

関連するキネマ旬報の記事