男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

萬田久子

  • Manda Hisako
  • 出演
本名
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1958/04/13
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

大阪府大阪市の生まれ。帝塚山短期大学在学中の1978年にミス・ユニバース日本代表に選ばれ、翌79年の短大卒業と同時に上京し、タレント活動を開始する。CMモデルやテレビ番組のアシスタントを経て、80年のNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』で女優デビュー。続いて小谷靖承監督「帰ってきた若大将」81で映画初出演を果たし、同年の井上眞介監督「夏の別れ」では早くもヒロインをつとめる。ラブシーンや心中シーンもある難役を大胆に演じ切って、一躍注目された。舛田利雄監督「エル・オー・ヴィ・愛・N・G」83では人気絶頂の田原俊彦、近藤真彦と共演。異色のドラマとして注目を集めたフジテレビ『心はロンリー、気持ちは「…」Ⅱ』85では明石家さんまと共演するなどして、人気女優となる。84年、フランシス・フォード・コッポラとジョージ・ルーカスが製作総指揮をつとめ、ポール・シュレイダーが監督した作家・三島由紀夫の伝記映画「MISHIMA」に出演。三島の代表作『金閣寺』を映像化したパートに出演しているが、映画自体が三島の遺族からの抗議に遭い、日本未公開のままである。80年代後半から90年代半ばまでは映画出演が多く、「悲しきヒットマン」「螢」89などのやくざ映画、「八つ墓村」96、「パラサイト・イヴ」97などのホラー、「集団左遷」94などの社会派ドラマ、「略奪愛」91などの官能ドラマ、「リトル・シンドバッド/小さな冒険者たち」91などのファミリー映画と、ジャンルを問わず幅広く活躍する。90年代後半からはテレビドラマをメインにシフト。NHK大河ドラマ『義経』05、『天地人』09、テレビ朝日『八丁堀の七人』01~06をはじめとした時代劇を得意とするほか、各局の2時間サスペンスにも数多く出演している。最近では、テレビ朝日『女帝・薫子』10で、銀座の高級クラブのママを艶やかに演じて存在感を発揮した。ミセス向けのファンション誌のイメージキャラクターをつとめるなど、50代女性のファッションリーダーとしても支持を得る。

キネマ旬報の記事

1996年11月上旬特別号

巻頭特集 八つ墓村:「八つ墓村」出演者に聞く:萬田久子