男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブロークン・フラワーズ

  • ぶろーくんふらわーず
  • Broken Flowers
  • Broken Flowers

amazon


  • 平均評点

    68.6点(231人)

  • 観たひと

    430

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006/4/29
上映時間 106分
製作会社 ファイブ・ローゼズ・プロダクション
配給 キネティック=東京テアトル
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督ジム・ジャームッシュ 
脚本ジム・ジャームッシュ 
製作ジョン・キリク 
ステイシー・スミス 
共同プロデューサーアン・ルアーク 
撮影監督フレデリック・エルムス 
プロダクション・デザインマーク・フリードバーグ 
音楽ムラトゥ・アスタトゥケ 
編集ジェイ・ラビノウィッツ 
衣装デザインジョン・ダン 
キャスティングエレン・ルイス 
スタント・コーディネーターマニー・シヴェリオ 

キャスト

解説

独身の中年男が、かつて関係を持った女性たちのもとを訪ねて回る様を描いたラヴ・コメディ。監督・脚本は「コーヒー&シガレッツ」のジム・ジャームッシュ。撮影は「コーヒー&シガレッツ」「愛についてのキンゼイ・レポート」のフレデリック・エルムズ。美術は「ライフ・アクアティック」のマーク・フリードバーグ。編集は「コーヒー&シガレッツ」「ステップフォード・ワイフ」のジェイ・ラビノウィッツ。衣裳は「ストーリーテリング」のジョン・ダン。出演は「コーヒー&シガレッツ」「ライフ・アクアティック」のビル・マーレイ、「シリアナ」のジェフリー・ライト、「キャットウーマン」のシャロン・ストーン、同じく「キャットウーマン」のフランセス・コンロイ、「アメリカ、家族のいる風景」のジェシカ・ラング、「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のティルダ・スウィントン、「ビフォア・サンセット」のジュリー・デルピー、「マンダレイ」のクロエ・セヴィニー、「ディア・ウェンディ」のマーク・ウェバー。2005年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。

あらすじ

コンピュータ産業でひと財産を築いた中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)。同棲していた恋人のシェリー(ジュリー・デルピー)にフラれたばかりの彼は、”あなたの息子がもうすぐ19歳になる“と書かれた差出人不明のピンク色の手紙を受け取る。隣人のウィンストン(ジェフリー・ライト)に促されたドンは、20年前に関係のあった女たちをリストアップし、交通事故死していたペペを除く、4人のもとを訪ねる旅に出た。まずはローラ(シャロン・ストーン)。露出癖のある娘ロリータ(アレクシス・ジーナ)と2人暮しの彼女は、結局ドンと1つのベッドで朝を迎えることに。続いて訪ねたドーラ(フランセス・コンロイ)は、不動産業者の夫ロン(クリストファー・マクドナルド)と建売住宅を販売し、安定はしているが無味乾燥した生活を送っていた。3番目の女性カルメン(ジェシカ・ラング)は、動物と会話する特殊な分野の博士となっており、アシスタント(クロエ・セヴィニー)はドンに対して陰険な視線を送る始末。最後の女性ペニー(ティルダ・スウィントン)は、山の中で荒くれ男たちと暮らしており、ドンは男たちに殴られて気絶してしまった。ようやく目覚めたドンは、ペペの墓参りをして、真相不明のまま地元に帰ってくる。まもなくドンは、ヒッチハイクの旅をしている青年(マーク・ウェバー)を見かける。彼を息子だと思い込んだドンは、声をかけて食事を奢るが、結局拒否されてしまった。するとドンは、車の中から自分によく似た青年(ホーマー・マーレイ)がこちらを見つめているのに気づくが、結局誰が自分の息子かは分からないままなのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年6月下旬号

劇場公開映画批評:ブロークン・フラワーズ

2006年6月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ブロークン・フラワーズ

2006年5月上旬号

特別企画 GW映画作家主義:「ブロークン・フラワーズ」ジム・ジャームッシュ監督 インタビュー

特別企画 GW映画作家主義:「ブロークン・フラワーズ」監督論