男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

復讐者に憐れみを

  • ふくしゅうしゃにあわれみを
  • sympathy for Mr.Vengeance
  • sympathy for Mr.Vengeance

amazon


  • 平均評点

    75.7点(139人)

  • 観たひと

    245

  • 観たいひと

    31

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 韓国
製作年 2002
公開年月日 2005/2/5
上映時間 117分
製作会社 CJエンターテインメント
配給 シネカノン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ソン・ガンホ Park Dong-jin
シン・ハギュン Ryu
ペ・ドゥナ Cha Yeong-mi
イム・ジウン Ryu's Sister
ハン・ボベ Yu-sun
イ・デヨン Choe
キ・ジュボン ペン技師
キム・セドン 社長
イ・ユンミ 臓器秘密取引 女ボス
リュ・スンボム 脳性麻痺青年
リュ・スンワン 中華料理店配達員

解説

2004年度カンヌ国際映画祭で、韓国映画初のグランプリ受賞を成し遂げたパク・チャヌク監督。受賞作「オールド・ボーイ」、続く「親切なクムジャさん」と併せて“復讐三部作”を成すシリーズの第一作。壮絶な暴力描写と陰惨なストーリーが賛否両論を呼び、韓国内では興行的に苦戦した。「JSA」のソン・ガンホ、シン・ハギュン、「ほえる犬は噛まない」のペ・ドゥナが、これまでイメージを覆すキャラクターを演じている。

あらすじ

生まれつき話すことも聞くこともできない障害を持つ青年リュ(シン・ハギュン)。友だちもいなくひどく内気な彼は、両親を失った後、大学進学をあきらめて自分の面倒をみてくれた姉を、心から愛し、感謝している。そして、自分とはちがって自信たっぷりに生きている恋人ヨンミ(ペ・ドゥナ)ができ、リュは人生で初めて幸せを感じる。しかし、姉は長い間腎臓を患い、移植を受けないと危険な状態にあった。リュは自分の片方の腎臓を姉に提供したいと願うけれど、検査の結果は不適合。さらに、姉の看病のために欠勤したことが響いて、勤務先の工場から解雇されてしまう。退職金はわずか1千万ウォン(7千ドル)。その後も災難は続く。臓器取引の闇組織を訪れるが、1千万ウォンを奪われたうえに、麻酔から目が覚めると、なんと自分の腎臓を摘出されていた。そんなとき、病院から姉の移植にドナーが現れたと知らされるが、もう金はない。「革命的無政府主義者同盟」のメンバーである過激派のヨンミは、金持ちの子供を誘拐して身代金をとることを持ちかける。「正しい理由のための誘拐なら、犯罪じゃないわ」とささやいて…。身代金を無事に手にし、あとは子供を親に帰すだけ。だがリュの姉は、自分のために弟が犯罪を犯したことを知ってしまい、自責の念に駆られて自殺してしまった。だが、偶発的な事故で子供まで溺れて死んでしまい、リュは全世界を敵に回す…。電気技師から工場経営者の地位まで上り詰めた、努力の男ドンジン(ソン・ガンホ)。美しい妻との間には、かわいい娘がひとり。だが、家庭を顧みない夫のもとを妻は去り、工場の経営は暗礁に乗り上げていた。彼に残されたのは、ひとり娘のユソンだけだ。そのユソンがある日、何者かに誘拐されてしまう。彼に送られてきたのは、人形を抱いた娘の写真。悩みぬいたドンジンは犯人からの指示通り警察に通報するのをやめ、身代金を用意する。しかし、その翌日、ユソンは湖で溺死体となって発見される。最愛の娘の冷たくなった体を前に、犯人への復讐を誓うドンジン。一方で、姉を失ったリュも臓器密売組織への復讐を決意する。こうして終わりのない復讐とその悲劇は幕を開けるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年8月上旬号

DVDコレクション:第208回 「復讐者に憐れみを」

2005年6月上旬特別号

劇場公開映画批評:復讐者に憐れみ

2005年3月上旬号

キネ旬チョイス 「復讐者に憐れみを」:作品評

キネ旬チョイス 「復讐者に憐れみを」:パク・チャヌク監督 インタビュー