男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

探偵スルース

  • たんていするーす
  • Sleuth
  • ----

amazon


  • 平均評点

    78.2点(52人)

  • 観たひと

    82

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1972
公開年月日 未公開
上映時間 135分
製作会社
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ロンドン、ニューヨークを始め、世界各国でヒットしたイギリスの劇作家アンソニー・シェーファーの同名舞台劇の映画化。シェーファーはアルフレッド・ヒッチコック監督の「フレンジー」のシナリオも書いている。製作総指揮はエドガー・J・シェリック、製作はモートン・ゴットリーブ、監督は「三人の妻への手紙」「大脱獄」のジョセフ・L・マンキウィッツ。脚本はシェーファー自身、撮影はオズワルド・モリス、音楽はジョン・アディソン、美術はピーター・ラモント、セットはジョン・ジャービス、編集はリチャード・マーデンが担当。出演はローレンス・オリヴィエ、マイケル・ケイン。

あらすじ

世界的に有名なイギリスの推理小説家、アンドリュー・ワイク(ローレンス・オリヴィエ)。彼の小説の主人公であるセント・ジョン・メリデュー卿は、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ、アガサ・クリスティーのエルキュール・ポワロと並ぶ名探偵だ。アンドリューは、ロンドン郊外にある豪華な邸に美人でセクシーな妻マーゲリットと住んでいた。彼女には、美容院を経営するマイロ・ティンドル(マイケル・ケイン)という愛人がいた。ある日、アンドリューは手紙でマイロを自宅に呼び寄せる。彼は、妻とマイロの関係を知っていた。しかしマーゲリットは贅沢な女なので、二人が結婚してもマイロが物質的に彼女を満足させることはできない。アンドリューは莫大な金額にのぼる宝石類を密かに金庫に入れており、その宝石には保険をかけていた。そこで、マイロに宝石を盗み出させて海外で売り飛ばし、手に入れた金でマーゲリットと暮らせばいい、と申し出る。自分も保険金を手に入れ、年若い愛人ティアと一緒になるつもりだ、と言うアンドリュー。宝石を売るアムステルダム故買商や、マイロが受け取る金額、アンドリュー名義の領収書などは一切手配済みで、警察に捕まる心配はない。マーゲリットは旅行中で、召使には暇をとらせている。だが、盗みはもっともらしく行わなければならない。完全犯罪を成し遂げるためには万全の注意がいると、アンドリューは手の込んだお膳立てを整える。彼の指示で、マイロは道化師の衣裳をまとい、外からはしごをかけて二階に入り、金庫を爆破して宝石箱を取り出し、邸中を引っかき廻す。そのうちアンドリューの態度は微妙に変化し始め、マイロに拳銃を突きつける。そして、格闘中に射殺したことにすれば罪には問われないし、警察やマーゲリットは、マイロは宝石目当てだったと思うだろうし、何よりも自分の妻を奪った憎しみが晴れると言い出した。逃げ惑うマイロは泣いて命乞いするが、アンドリューは容赦せずに拳銃の引き金を引く。マイロは階段の下に転落する――。数日後の夜、アンドリューの邸に行方不明になったマイロを捜す老刑事が訪ねてきた。刑事は壁に残された二発の弾痕を発見し、巧みな尋問でアンドリューを追い詰め、自分の正体を露にする。しわだらけの顔の下から現れたのは、マイロの若々しい顔だった。アンドリューが発砲したのは実は空弾で、屈辱的なゲームを味わったマイロは、アンドリューに復讐すべく罠を仕掛けた。ティアを殺し、その証拠を邸内に隠したというマイロ。そして数十分後には、本物の警察がやってくる。狼狽したアンドリューは家中を這いずり回り、証拠品を残らず見つける。その時チャイムが鳴る。しかしこれは全て、ティアの協力を得てマイロが仕組んだトリックだった。このゲームはマイロの勝ち。マイロは、アンドリューが不能であること、そしてマーゲリットがもう家には戻らないことを告げ、最後に彼の小説を非難して立ち去ろうとする。その時、アンドリューは実弾の込められた拳銃をマイロに向けて発射した。

関連するキネマ旬報の記事

1974年2月上旬決算特別号

特別グラビア 外国映画ベスト・テン:スケアクロウ/ジョニーは戦場へ行った/ブラザー・サン、シスター・ムーン/ジャッカルの日/ポセイドン・アドベンチャー/マクベス/探偵-スルース-/激突!/L・B・ジョーンズの解放/ラストタンゴ・イン・パリ

特別グラビア 読者のベスト・テン 外国映画:ジョニーは戦場へ行った/スケアクロウ/ポセイドン・アドベンチャー/ジャッカルの日/フォロー・ミー/探偵-スルース-/ブラザー・サン、シスター・ムーン/ゲッタウェイ!/ロイ・ビーン/激突!

1973年6月下旬号

外国映画紹介:探偵スルース