男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トロイ

  • とろい
  • Troy
  • Troy

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.3点(456人)

  • 観たひと

    946

  • 観たいひと

    43

  • レビューの数

    40

基本情報

ジャンル 歴史劇 / 戦争
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2004/5/22
上映時間 163分
製作会社 プランBフィルムズ
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

古代ギリシャのトロイ戦争における愛憎のドラマを描いた歴史スペクタクル。叙事詩人ホメロスによる『イリアス』にインスピレーションを受けている。監督・製作は「パーフェクト ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン。脚本は「25時」のデイヴィッド・ベニオフ。撮影は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のロジャー・プラット。音楽は「すべては愛のために」のジェイムズ・ホーナー。美術は「パール・ハーバー」のナイジェル・フェルプス。編集は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のピーター・ホーネス。衣裳は「タイムマシン」のボブ・リングウッド。出演は「オーシャンズ11」のブラッド・ピット、「ハルク」のエリック・バナ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのオーランド・ブルーム、「ミシェル・ヴァイヨン」のダイアン・クルーガー、「X―MEN2」のブライアン・コックス、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのショーン・ビーン、「コールドマウンテン」のブレンダン・グリーソン、「ファイナル・ステージ」のピーター・オトゥール、「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のローズ・バーン、「フリーダ」のサフロン・バロウズ、「ルーヴルの怪人」のジュリー・クリ

あらすじ

スパルタの王メネラオス(ブレンダン・グリーソン)とトロイの王子ヘクトル(エリック・バナ)は、長年にわたる両国の戦いの終結を祝って宴を開いていた。しかしそんな中、ヘクトルの弟パリス(オーランド・ブルーム)と、メネラオスの妻ヘレン(ダイアン・クルーガー)が、許されぬ恋に落ちてしまった。侮辱を受けたメネラオスは、ヘレンの奪回を決意。彼の兄アガメムノン(ブライアン・コックス)は、4万ものギリシャ軍をトロイへと進軍させる。トロイのプリアモス王(ピーター・オトゥール)は苦悩の末、ギリシャ軍との全面戦争を選択。難攻不落のトロイへの攻撃の鍵を握るのは、ギリシャ軍最強の戦士と呼ばれるアキレス(ブラッド・ピット)だ。自分自身のためのみ戦う彼は、預言者である母テティス(ジュリー・クリスティー)から死の予言を受けつつも、トロイへと赴く。その激動の中、運命の女ブリセウス(ローズ・バーン)と出会う。やがてアキレスはヘクトルと一対一で対決し、ヘクトルが敗れて死亡。彼の死体を自分の陣地へ持ち帰ったアキレスだが、そこに危険を承知でプリアモス王が訪ねてくる。彼は息子ヘクトルの死体と、ブリセウスと共にトロイへ帰った。そしてアキレスも含むギリシャ軍の兵士たちは、トロイに運ばれた木馬に忍び込み、一気にトロイを攻める。その戦いの中で、プリアモス王が死亡。まもなくアキレスも、パリスが放った矢に倒れて息を引き取るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年8月上旬特別号 創刊85周年記念特別号1

日本映画紹介/外国映画紹介:トロイ

2004年7月上旬号

劇場公開映画批評:トロイ

2004年6月上旬号

巻頭特集 「トロイ」:オーランド・ブルーム

巻頭特集 「トロイ」:ブラッド・ピット インタビュー

巻頭特集 「トロイ」:メイキング・オブ「トロイ」

巻頭特集 「トロイ」:「ヘレン・オブ・トロイ」から「トロイ」へ