男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴェラ・ドレイク

  • べらどれいく
  • Vera Drake
  • ----

amazon


  • 平均評点

    77.4点(63人)

  • 観たひと

    108

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス イギリス ニュージーランド
製作年 2004
公開年月日 2005/7/9
上映時間 125分
製作会社 フィルム・カウンシル=ステューディオ・カナル=ザ・インサイド・トラック=シン・マン・フィルムズ
配給 東京テアトル
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

違法とされていた堕胎を善意で助けていた中年女性の運命を描くドラマ。監督・脚本は「人生は、時々晴れ」のマイク・リー。撮影も「人生は、時々晴れ」のディック・ポープ。音楽もリー作品常連のアンドリュー・ディクソン。美術も「人生は、時々晴れ」「五線譜のラブレター」のイヴ・スチュワート。編集は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」のジム・クラーク。衣裳は「人生は、時々晴れ」「猟人日記」のジャクリーン・デュラン。出演は「恋におちたシェイクスピア」のイメルダ・スタウントン、『ハイ・ホープス』(V)のフィル・デイヴィス、「秘密と嘘」のピーター・ワイト、「堕天使のパスポート」のエイドリアン・スカーボロー、「人生は時々、晴れ」のルース・シーン、「21グラム」のエディー・マーサン、「フロム・ヘル」のレスリー・シャープ、「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのジム・ブロードベントほか。2004年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、主演女優賞、同年ブリティッシュ・インディペンデント映画賞5部門、2005年全米批評家協会賞主演女優賞、同年BAFTA賞11部門など多数受賞。

あらすじ

1950年、ロンドン。労働者階級の人々が住む界隈で暮らすヴェラ・ドレイク(イメルダ・スタウントン)は、家政婦の仕事をしながら、体の具合が悪い隣人たちを訪ねて身の回りの世話をしている。愛する夫のスタン(フィル・デイヴィス)、息子のシド(ダニエル・メイズ)や娘のエセル(アレックス・ケリー)ら家族に囲まれて、笑顔を絶やさない彼女は周囲の人々にとってかけがえのない存在だったが、実は一つの秘密を抱えていた。長年、望まない妊娠をして困っている女たちに、非合法の堕胎の手助けをしていたのだ。女たちとヴェラを仲介するのは、ヴェラの子供の頃からの友人リリー(ルース・シーン)だったが、堕胎料金はすべて彼女が着服していた。そんなある日、近所に住む一人暮らしの青年レジー(エディ・マーサン)が、エセルと婚約。スタンとヴェラは弟夫婦を自宅に呼んで、ささやかなお祝いの席を設けるが、そこにウェブスター警部(ピーター・ワイト)が現われる。ヴェラが助けた娘の体調が急変し、堕胎のことが明るみになったのだ。何も知らない家族が見守る中、事実を認めたヴェラは署に連行されていく。こうして家族の絆は初めての危機を迎えるが、スタンのヴェラへの揺るぎない愛のおかげで、怒っていたシドも徐々に母への愛を取り戻していった。年が明けた1月10日、ヴェラの裁判が行なわれる。裁判長(ジム・ブロードベント)は2年6ヵ月の禁固刑という厳しい判決を下し、ドレイク家の面々は、ただヴェラの帰りを待つのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年3月上旬号

ちょっと気になるこのタイトル:「ヴェラ・ドレイク」

2005年9月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ヴェラ・ドレイク

2005年7月上旬号

特集 「ヴェラ・ドレイク」:マイク・リー監督 インタビュー

特集 「ヴェラ・ドレイク」:マイク・リー作品の中で輝く俳優たち

特集 「ヴェラ・ドレイク」:イメルダ・スタウントン インタビュー

特集 「ヴェラ・ドレイク」:作品評