男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ULTRAMAN(2004)

  • うるとらまん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    60.1点(26人)

  • 観たひと

    46

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/12/18
上映時間 97分
製作会社 〈ULTRAMAN製作委員会〉(円谷プロダクション=バンダイ=バンダイビジュアル=TBS=中部日本放送=日本出版販売=電通=松竹)
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督小中和哉 
脚本長谷川圭一 
製作円谷英明 
久松猛朗 
竹内淳 
川城和実 
近藤邦勝 
島本雄二 
鈴木暁 
原裕二郎 
プロデューサー吉田剛 
渡辺伸吾 
久保聡 
大岡大介 
種村達也 
横山真二郎 
小松賢志 
岡崎剛之 
竹谷明 
小野寺浩 
撮影大岡新一 
音楽監督田靡秀樹 
音楽小澤正澄 
池田大介 
鎌田真吾 
音楽監修タク・マツモト 
音楽プロデューサー玉川静 
録音弦巻裕 
鶴巻仁 
音響効果岡瀬晶彦 
伊藤瑞樹 
照明和泉正克 
編集松木朗 
渡辺倫也 
中野真佳 
衣装デザイン松山さと子 
助監督棚橋邦夫 
スクリプター山内薫 
スチール斉藤純二 
特殊メイク上野肇 
藤原鶴声 
織井万裕美 
その他菊地雄一 
円谷一夫 
江藤直行 
北越基紀 
小林敬宜 
飯塚寿雄 
佐藤大樹 
加藤直次 
鈴木清 
渋谷浩康 
小山信行 
中井光夫 
北川淳一 
大岡新一 
高橋創 
浦田和治 
大澤哲三 
稲村正人 
高橋勲 
渡部良 
鈴木浩 
板野一郎 
大本秀一 
岩田貞幸 
金子雪生 
佐々木彰司 
田中肇 
千葉清美 
吉田哲弥 
小川正 
斉藤広一 
山岡英則 
香西伸 
高野廣茂 
田原俊 
杉本末男 
野本秀樹 
橋本琢 
野村康 
前田恭治 
楠健吾 
小宮洋介 
林哲夫 
根岸泉 
車邦秀 
TMG 
ビジョンユニバース 
渡部健司 
松野美茂 
古川滋彦 
D.AAC 
中野和明 
松浦豊 
保科功 
江口真一 
趙悦 
高暁輝 
D'G JD-GLOBE 
羽原直栄 
君塚哲也 
谷澤一貴 
白壁聡一 
石崎太郎 
菅家涼 
亀川祐作 
井上匠人 
ハンマーヘッド 
本田大輔 
宮國賢剛 
エクサインターナショナル 
CINE―BOY 
高山滋史 
堀河佳久 
北條則明 
小林謙一 
天田弘行 
八木下浩史 
原田丈 
吉岡亜矢子 
竹内誠 
D/Function 
足立和也 
EEN 
山路和紀 
小澤賢侍 
青山達哉 
高田昌吾 
内田晴喜 
山口紗也華 
森理沙 
伊藤大樹 
伏見千穂 
OAS 
日本エフェクトセンター 
藤下忠男 
増田英和 
金井圭一 
西山明宏 
内田剛史 
佐藤元 
今井元 
吉澤一久 
小柴浩 
鴫原譲 

キャスト

出演別所哲也 真木舜一
遠山景織子 水原沙羅
大澄賢也 有働貴文
裕木奈江 真木蓉子
広田亮平 真木継夢
草刈正雄 万城目
永澤俊矢 倉島剛
隆大介 曽我部
角田英介 一平
佐藤夕美子 由利子
長谷川恵司 ウルトラマン・ザ・ネクスト
山本諭 ザ・ワン第2・3形態
岸本淳也 ザ・ワン第1形態
エド山口 航空部隊・司令官
森川正太 酒屋の主人
清水一哉 
奈良坂篤 
石原辰己 
駒田健吾 アナウンサー
岡村洋一 
堀岡真 
八下田智生 
奥薗日微貴 
千葉誠樹 
那須佐代子 
曽我部あきよ 
安室満樹子 
小野日路美 
出演(声)大澄賢也 ザ・ワンの声
田中秀幸 ザ・ネクストの声
小西克幸 ザ・ワンの声

解説

ウルトラマンとなった男が、その運命を受け入れ凶悪怪獣に立ち向かっていく姿を描いた特撮ヒーロー・アクション。監督は「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ ウルトラマンガイア―超時空の大決戦―」の小中和哉。脚本は「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」の長谷川圭一。撮影を「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」の大岡新一が担当している。主演は「13階段」の別所哲也。第17回東京国際映画祭特別招待部門出品作品。

あらすじ

先天性の疾患を持つ幼い息子・継夢の為、退官を決意した航空自衛隊F15Jイーグルのパイロット・真木舜一。ラストフライトで謎の赤い発光体と衝突しながら奇跡の生還を果たした彼は、防衛庁の対バイオテロ特務機関・BCSTの科学担当官・水原沙羅らによって身柄を拘束されてしまう。実は数カ月前、海上自衛隊の有働貴文が青い発光体と遭遇、凶悪怪獣”ザ・ワン“に姿を変え行方をくらましていた。そこで、沙羅たちはザ・ワンを誘き出そうと、真木を利用することを考えたのだ。果たして、彼らの前に出現するザ・ワン。とその時、真木が銀色の巨人”ザ・ネクスト“に変身し、ザ・ワンと激闘を開始した。そう、彼は赤い発光体と衝突した折、青い発光体を追って地球に飛来したザ・ネクストと融合していたのだった。一端は取り逃がしたものの、自らの運命を受け入れた真木=ザ・ネクストは、再び新宿に姿を現したザ・ワンから人々を、愛すべき家族を守るべく戦いを挑んでいく。そして壮絶なバトルの末、ザ・ネクストはザ・ワンを倒す。それから一カ月後、復興の進む新宿。人々は、自分たちの命を守ってくれた銀色の巨人を、敬意を表し“ULTRAMAN”と呼んだ。

関連するキネマ旬報の記事

2005年9月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ULTRAMAN

2005年8月下旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:ULTRAMAN