男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

海猫

  • うみねこ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    55.6点(92人)

  • 観たひと

    168

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/11/13
上映時間 129分
製作会社 「海猫」製作委員会(東映=東映ビデオ=テレビ朝日=カルチュア・パブリッシャーズ=S・D・P=朝日放送=ギャガ・コミュニケーションズ=北海道新聞社=朝日マリオン21=東京都ASA連合会)
配給 東映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演伊東美咲 野田(赤木)薫
佐藤浩市 赤木邦一
仲村トオル 赤木広次
三田佳子 野田タミ
ミムラ 野田美輝
蒼井優 野田美哉
深水元基 野田孝志
白石加代子 赤木みさ子
小島聖 啓子
角田ともみ 幸子
鳥羽潤 高山修介
伊藤克信 不動産屋
宮下順子 太田
小林トシ江 産婆のタエ
吉本選江 海野
佐藤恒治 堂田
菅原大吉 武藤
永倉大輔 平方
武野功雄 五十嵐
三上大和 小橋
中村祐樹 山田
吉田智則 児玉
吉田朝 川村
岸本一人 野田家親族
山崎満 野田家親族
泉よし子 野田家親族
須藤晴美 野田家親族
森みつえ 中村
樋口史 婚礼の客
金子藍 婚礼の客
浅見小四郎 井田
佐藤二朗 田中
ラッセル ニコライ神父
三好杏依 幼少の美輝
三好竜誠 美哉0歳
マキシム・コレニクス 野田タミの夫
門脇亨 
西沢智治 
江藤大我 
関根裕介 
依田真一 
酒井博史 

解説

北海道の漁師町を舞台に、土着的な逞しさを持つ夫と繊細な心を持つ義弟との間で揺れ動く、若き人妻の心情を描いた純愛ドラマ。監督は「阿修羅のごとく」の森田芳光。谷村志穂による同名小説を基に、「嗤う伊右衛門」の筒井ともみが脚色。撮影を「輪舞曲 ロンド」の石山稔が担当している。主演はナイン・ソウルズ」の伊東美咲。

あらすじ

フィアンセの修介から、亡母・薫のことで一方的に婚約を破棄された美輝。ショックで失語症になった彼女は、故郷・函館の病院で祖母のタミから母の死の経緯について聞かされる――。薫が函館から峠ひとつ隔てた漁村・南茅部の漁師・赤木邦一のもとに嫁いだのは、80年代半ばのことだった。ロシア人の血を引く彼女は、村人たちに”青い目のお嫁さん“と歓迎され、彼女もまた漁師の生活に溶け込もうと努力を惜しまなかった。だが、美輝を授かった頃から、夫婦の間に微妙な心のずれが生じ始める。いつまでも慣れない生活、性の不一致、夫の浮気……。こうして、薫は孤独感を深めていった。そんな彼女の支えとなってくれたのが、函館の工場で働く義理の弟で、彼女に秘かな想いを寄せる広次だった。兄とは対照的に、優しく繊細な心の持ち主である彼に、次第に傾倒していく薫。そして遂に、彼女は一度だけ、彼に抱かれた。しかし1年後、2番目の娘・美哉が邦一の子供でないことが邦一に知れると、彼女は外出すらも許されない生活を強いられてしまう。見かねた広次は、薫を家から助け出すべく兄と命懸けで対峙。ところが、疲れ果てた彼女は、海猫の舞う太平洋へと身を投じ、それを追って広次も命を落とすのだった。タミから、全てを聞かされた美輝。今、母の生き様を理解した彼女は、父・邦一とも再会を果たすと、母と広次が眠る墓に詣でた。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光監督全映画 森田が語る27本 森田芳光監督 自作を語る/スタッフ&キャスト データ/作品解説:「海猫」

2005年1月上旬新春号

劇場公開映画批評:海猫

日本映画紹介/外国映画紹介:海猫

2004年12月上旬号

巻頭特集 「海猫」:グラビア・伊東美咲

巻頭特集 「海猫」:森田芳光監督 インタビュー

巻頭特集 「海猫」:佐藤浩市 インタビュー

巻頭特集 「海猫」:仲村トオル インタビュー

巻頭特集 「海猫」:原田正人が語る森田演出

巻頭特集 「海猫」:小説と映画の関係

巻頭特集 「海猫」:作品評

巻頭特集 「海猫」:コラム「海猫」

2004年11月下旬号

森田芳光組 in 「海猫」:最終回

2004年11月上旬特別号

森田芳光組 in 「海猫」:第3回

2004年10月下旬号

撮影現場ルポ:森田芳光組 in 「海猫」 第2回

2004年10月上旬号

撮影現場ルポ :森田芳光組 in 「海猫」 第1回