男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

2046

  • にーぜろよんろく
  • 2046
  • 2046

amazon


  • 平均評点

    60.6点(128人)

  • 観たひと

    264

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 香港
製作年 2004
公開年月日 2004/10/23
上映時間 130分
製作会社 ブロック2ピクチャーズ=パラディ・フィルムズ=オーリィ・フィルムズ=クラシックSRL=上海フィルムグループ
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「ブエノスアイレス」「花様年華」などの若き巨匠ウォン・カーウァイが「花様年華」のたトニー・レオン、マギー・チャン、「恋する惑星」のフェイ・ウォン、現在の中国映画を代表する女優チャン・ツィイー&コン・リー、カリーナ・ラウ、チャン・チェン、そして日本から木村拓哉を結集し手掛けた壮大なSFラブ・ストーリー。過去の恋を引きずる作家が近未来を舞台にした小説を描き、現在と小説世界の物語が同時進行する。撮影は、カーウァイ映画の顔ともいえるクリストファー・ドイル。

あらすじ

物語の舞台は1967年・香港。ひとりの<男>が、2046年を舞台にした近未来小説を書いている。そのタイトルは、『2046』。…小説の中の登場人物たちは<2046>という謎の場所を目指し、ミステリートレインに乗り込む。この列車の客室乗務員は、美しい女の姿をしたアンドロイドだ。<2046>に行けば、失われた愛を見つけることができる。…そこを目指す人々は、そう信じていた。だが、それが真実なのかどうかは、誰も知らない…。なぜなら、<2046>から帰ってきた者は、いないからだ。ただひとり、<男>を除いては。今、<男>は再び<2046>に向かう列車の中にいた。誰にも言えない秘密を胸に抱えて。果たして彼の目的とは? そしてその旅の果てで彼を待ち受ける運命とは? 小説を書く<男>の<現在>と、列車の中にいる<男>の<未来>。2つの時空が交差して、ドラマは加速してゆく。

関連するキネマ旬報の記事

2005年1月上旬新春号

劇場公開映画批評:2046

2004年11月下旬号

HOT SHOTS:「2046」

2004年11月上旬特別号

特集 「2046」:グラビア

特集 「2046」:木村拓哉 インタビュー

特集 「2046」:カリーナ・ラウ インタビュー

特集 「2046」:チャン・チェン インタビュー

特集 「2046」:チャン・ツーイー インタビュー

特集 「2046」:フェイ・ウォン インタビュー

特集 「2046」:ウォン・カーウァイ監督 インタビュー

特集 「2046」:「欲望の翼」「花様年華」との関係を読み解く

特集 「2046」:作品評

2004年1月上旬号

「2046」:上海記者会見

「2046」:「2046」のキーワード

「2046」:香港、中国のマスコミが報道する「2046」のあらすじ

2003年12月上旬特別号

特報 「2046」再始動!: