男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

  • らいふおぶでびっどげいる
  • The Life of David Gale
  • The Life of David Gale

amazon


  • 平均評点

    75.6点(217人)

  • 観たひと

    366

  • 観たいひと

    59

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/7/26
上映時間 131分
製作会社 ダーティハンズ・プロダクション=サターン・フィルムズ
配給 UIP
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

同僚の女性をレイプ・殺害した罪で死刑目前の元大学教授にインタビューすることになった女性記者が、やがて彼の冤罪を信じ、独自の調査に乗り出す。ケビン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット共演の重厚のサスペンス・ドラマ。監督は「ザ・コミットメンツ」のアラン・パーカー。

あらすじ

元大学教授デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)に、死刑判決が下される。罪状は、元同僚の女性をレイプした上、殺害。皮肉なことにゲイルは、死刑廃止論者であった。彼は処刑までの3日間、高額で契約された自分の手記を綴るために女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)を呼び寄せる。そして語られるゲイルの人生。妻子に逃げられ、酒に溺れたこと。逆恨みした女子生徒に陥れられ、大学を追放されたこと。そんな自分に救いの手を差し伸べてくれたのが、事件の被害者だったこと。話を聞くうちビッツィーは、ゲイルは冤罪ではないか、と疑問を抱きはじめる……。

関連するキネマ旬報の記事

2003年9月上旬特別号

劇場公開映画批評:ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

2003年8月上旬特別号

特集 「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」:アラン・パーカー監督 インタビュー

特集 「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」:作品評

特集 「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」:アラン・パーカー作品と映画音楽