男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゴスフォード・パーク

  • ごすふぉーどぱーく
  • GOSFORD PARK
  • GOSFORD PARK

amazon


  • 平均評点

    68.2点(120人)

  • 観たひと

    206

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 イタリア イギリス アメリカ ドイツ
製作年 2001
公開年月日 2002/10/26
上映時間 137分
製作会社 サンドキャッスル5
配給 UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アカデミー賞脚本賞をはじめ、各国で23の映画賞を受賞したロバート・アルトマン監督作。イギリス上流社会をシニカルに描いたブラック・コメディ風味の群像劇。

あらすじ

1932年イギリス。数百年にも渡って続いてきた貴族社会は、時代と共に変わり始めていた。郊外に建つカントリー・ハウス、ゴスフォード・パークにはその日次々と人が集まってくる。主であるマッコードル卿とシルヴィア夫人の招待によるパーティーが催されるのだ。お客は、俳優、映画プロデューサー、伯爵夫人ら貴族連など、ものものしい人々。屋敷の階下では召使たちが入り乱れ、活気あふれて働いていた。その晩、殺人事件が発生。被害者はなんとマッコードル卿。そして容疑者は、パークの人間すべて。なぜなら卿は、ほとんどすべての人間とつながりを持っていたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年11月下旬号

劇場公開映画批評:ゴスフォード・パーク