男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

見出された時 「失われた時を求めて」より

  • みいだされたときうしなわれたときをもとめてより
  • Le temps retrouve
  • ----

amazon


  • 平均評点

    61.4点(10人)

  • 観たひと

    23

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 文芸
製作国 フランス ポルトガル イタリア
製作年 1998
公開年月日 2001/3/3
上映時間 163分
製作会社 パウロ・ブランコ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

文豪マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の最終編を、チリ出身のラウル・ルイス監督が映画化した文芸大作。カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、ヴァンサン・ペレーズら、フランス映画界の大物俳優が大勢出演している。

あらすじ

晩年を迎えた作家マルセルはいまや病の床につき、自らの人生を回想する。裕福なブルジョワの一人息子として生まれ、フランス上流社会を賑わせた人々との交流。第一次大戦中、ヴェルデュラン夫人のサロンで、元高級娼婦のオデットを見かけたこと。オデットの娘ジルベルトは、少年時代の彼の初恋の女性だった。彼女は後に、貴族のサン・ルーと結婚した。ひとつの記憶の音が、香りが、残像が次の記憶を呼び覚まし、またその次の記憶へと、自由自在につながってゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2001年3月下旬号

作品特集 「見出された時-『失われた時を求めて』より-」:ラウル・ルイス監督 インタビュー

作品特集 「見出された時-『失われた時を求めて』より-」:作品評