男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴィタール

  • びたーる
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.8点(81人)

  • 観たひと

    139

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/12/11
上映時間 86分
製作会社 海獣シアター
配給 ゼアリズエンタープライズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督塚本晋也 
脚本塚本晋也 
プロデューサー塚本晋也 
日下部圭子 
日下部孝一 
朱京順 
川原伸一 
撮影塚本晋也 
志田貴之 
美術塚本晋也 
音楽石川忠 
エンディング・テーマCocco:(「blue bird」)
録音小原善哉 
音響効果北田雅也 
照明吉田惠輔 
編集塚本晋也 
衣装デザイン岩崎浩子 
スチール天満眞也 
人体造型織田尚 
高木紳伍 
前田裕基 
造型協力木村一仁 
佐野進 
竹中一晃 
振り付け大島早紀子 
特機花田昌浩 
解剖デッサン熊澤久里 
撮影助手宮崎勝之 
安達正史 
國吉洋平 
照明助手山本雅夫 
坂本あゆみ 
中村元 
林啓史 
小舟統久 
北原岳志 
録音助手伊藤進也 
解剖監修関野佳久 
照明応援佐藤巧 
加賀美武司 
福田裕佐 
大城和真 

キャスト

出演浅野忠信 高木博史
柄本奈美 大山涼子
KIKI 吉本郁美
串田和美 高木隆二
りりィ 高木慎子
木野花 大山のり子
原昇 青木教諭
康すおん 刑事
鈴木一功 斎場・係員
川島宏知 発生学教授
中島陽典 生理学教授
村松利史 神経学教授
綾田俊樹 心理学教授
宇野祥平 博史と同班の生徒
飯塚祐介 博史と同班の生徒
岩崎将 博史と同班の生徒
岩本八大 博史と同班の生徒
利重剛 中井教諭
國村隼 大山三郎
岸部一徳 柏淵教授

解説

交通事故ですべての記憶をなくした医学生が解剖実習にのめり込み、現実と記憶、肉体と魂の狭間を彷徨う映像叙事詩。監督・脚本・プロデューサー・撮影監督・美術・編集は「六月の蛇」の塚本晋也。音楽は塚本作品のほとんど(『ヒルコ/妖怪ハンター』をのぞく)に参加している石川忠。エンディング曲をCoccoが歌う。出演は「地球で最後のふたり」の浅野忠信、バレリーナの柄本奈美、モデル出身のKIKI。

あらすじ

医学生の高木博史(浅野忠信)は、交通事故からかろうじて一命を取り留めるが、父・隆二(串田和美)や母・慎子(りりィ)の顔さえ分からず、すべての記憶を失っていた。自分が一体誰なのか、どこにいるのか……。居場所のない自分を抱えてさまよい始める博史だったが、なぜか医学書にだけは興味を示し、大学の医学部に入学する。2年生の必須科目である解剖実習が始まり、博史の班に若い女性の遺体が割りあてられた。記憶の空白を埋めるかのように解剖にのめり込んでいく博史は、解剖を続けるにつれ、現実とは異なる世界へとフラッシュしていく。それは、左腕に刺青のある涼子(柄本奈美)という女性と自分が一緒に過ごす、甘く切ない記憶を超えた映像だった。一方、実習室では、博史へのもうひとつの強い感情がうずまいていた。同級生の吉本郁美(KIKI)は、かつて恋愛関係にあった中井教諭(利重剛)を自殺させた原因が自分にあるという思いを抱え、博史に同じ“死”の臭いを感じて接近する。しかし、博史はまるで現実感がない。博史の見る映像はじょじょに鮮明になり、彼は、もうひとつの世界で涼子がダンスを踊ったことを、涼子の父・大山三郎(國村隼)と母・のり子(木野花)に報告しはじめる。同級生のがさつな解剖のやり方に耐えられなくなり、自分の班の遺体をひとりで担当したいと、博史は、柏淵教授(岸部一徳)に申し出る。そして、その肉体を愛するかように解剖を続けていく。もう一つの世界が確かなリアリティを持ちはじめ、博史は現実を次第に見失い、様相は死体さながらになってゆく。ある日の実習で、遺体の左腕に涼子と同じ刺青を見つけた博史は、それが彼女だと確信する。恋人同士だったふたりは博史の運転する車に乗っていた時に事故に遭い、涼子は今際の際に遺言として“献体”を申し出、博史に解剖されることを望んで死んでいったのだ。博史はもう一つの世界で涼子と共に生きることを決めるが、目が覚めると涼子の姿はなかった……。やがて4ヶ月間に渡る解剖実習は終了し、博史たち遺された者が見守る中、涼子の遺体は荼毘に付されるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年3月上旬号

劇場公開映画批評:ヴィタール

2005年1月上旬新春号

特集 「ヴィタール」:対談 塚本晋也(監督)×浅野忠信

特集 「ヴィタール」:作品評