男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ぼのぼの クモモの木のこと

  • ぼのぼのくもものきのこと
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    60.2点(11人)

  • 観たひと

    26

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル アニメーション / コメディ / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002/8/10
上映時間 61分
製作会社 竹書房(製作協力*アイ・エム・オー/CG製作 デジタル・フロンティア/CG製作協力 エイリアス・ウェーブフロント=住商エレクトロニクス)
配給 アミューズ・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督クマガイコウキ 
監修いがらしみきお 
脚本いがらしみきお 
クマガイコウキ 
原作いがらしみきお 
企画辻井清 
伊藤明博 
プロデューサー伊藤明博 
制作高橋一平 
牧村康正 
絵コンテいがらしみきお 
クマガイコウキ 
チーフ・アニメーター前川英章 
チーフ・デザイナー岡田幸子 
デザイナー柴田実久 
野沢敦子 
三宅勝 
栗原いづみ 
池田正憲 
音楽ゴンチチ 
音楽プロデューサー佐脇章太 
上阪伸夫 
サウンド・デザイン松長芳樹 
デジタルサーカス 
音響効果鶴岡陽太 
ビジュアルエフェクト佐藤直樹 
堀部亮 
杉山裕也 
CGディレクター毛利陽一 
CGプロデューサー豊嶋勇作 
CG制作植木英則 
松村傑 
アニメーター小川大祐 
高谷圭吾 
金井孝真 

キャスト

出演(声)上村祐翔 ぼのぼの(声)
小桜エツ子 ポポくん(声)
吉田小南美 シマリスくん(声)
山口勝平 アライグマくん(声)
菅原正志 ポポくんのお父さん(声)
島本須美 ポポくんのお母さん(声)
森本レオ スナドリネコさん(声)
立川談志 アライグマくんのお父さん(声)
道平陽子 クズリくん(声)
長島雄一 クズリくんのお父さん(声)

解説

不思議な木を巡って繰り広げられる、ラッコのぼのぼのと森の仲間たちの騒動を描いた和み系長篇フルCGアニメーションの第2作。監督は「大感傷仮面」のクマガイコウキ。脚本は、原作者であるいがらしみきおとクマガイ監督の共同。声の出演に、「モンスターズ・インク(吹替版)」の上村祐翔、「パルムの樹」の小桜エツ子ら。

あらすじ

悲しいことや辛いことを忘れさせてくれるクモモの木の下で、いつか迎えに来てくれる誰かを待ち続けているフェレット(?)のポポくんと友だちになったぼのぼの。だがある日、クモモの木の枝が折られると言う事件が起こった。実は、悪い仲間との関係を断ち切ろうとして怪我をしたお父さんの痛みを忘れさせてあげる為に、ポポくんが枝を折っては家に運んでいたのだ。しかし、そのお父さんが亡くなり、ひとりぼっちになったポポくんは姿を消してしまう。心配したぼのぼのは、折からの嵐の中、ポポくんを探してクモモの木を目指す。とその時、落雷でクモモの木が炎上。ところが、燃えたクモモの木の放った不思議な匂いが森の仲間たちそれぞれに、忘れていた記憶を呼び覚ました。そう、クモモの木にはもうひとつ、記憶を想い出させる力があったのだ。そして、ポポくんが赤ん坊だった頃、悪い仲間からお父さんを引き離そうとして失敗し、以後、ポポくんに身分を隠して彼の面倒をみてきたおばさんが、実はお母さんであったことを想い出したポポくんは、迎えに来たお母さんと母子の対面を果たすのであった。それから数日後、森の仲間たちはクモモの木の下に忘れる為にではなく、忘れた記憶を想い出す為にやって来るようになっていた。

関連するキネマ旬報の記事