男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コンフェッション

  • こんふぇっしょん
  • Confessions of a Dangerous Mind
  • Confessions of a Dangerous Mind
  • 平均評点

    59.4点(106人)

  • 観たひと

    226

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2003/8/16
上映時間 113分
製作会社 セクション・エイト=マッド・チャンス=ミラマックス・フィルムズ=NPVエンタテインメント=ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ギャガ=ヒューマックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アメリカテレビ業界の伝説的プロデューサー、チャック・バリスの自伝を基にした波瀾万丈の人生ドラマ。監督・製作・出演は、これが監督デビューとなる俳優のジョージ・クルーニー。製作総指揮は「ソラリス」のスティーヴン・ソダーバーグほか。脚本は「ヒューマンネイチュア」のチャーリー・カウフマン。撮影は「X―メン」シリーズのニュートン・トーマス・シーゲル。美術は「キャッツ&ドッグス」のジェームズ・D・ビッセル。編集は「オーシャンズ11」のスティーヴン・ミリオン。衣裳は「ザ・プロフェッショナル」のレニー・エイプリル。出演は「ザ・プロフェッショナル」のサム・ロックウェル、「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのドリュー・バリモア、「アメリカン・スウィートハート」のジュリア・ロバーツ、「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のルトガー・ハウアー、「セクレタリー」のマギー・ギレンホールほか。2003年ベルリン国際映画祭最優秀主演男優賞、ラスベガス批評家協会賞最優秀作品賞、トロント批評家協会賞最優秀新人監督賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー特別映画製作者賞、最優秀脚本賞受賞。

あらすじ

テレビ業界の頂点を目指すチャック・バリス(サム・ロックウェル)は、奇妙な恋人関係を築くことになるペニー(ドリュー・バリモア)と出会ってから、視聴者参加型の斬新なテレビショーのアイデアを思いつく。しかしそれは却下され、失意の日々を過ごすところに、謎の男ジム・バード(ジョージ・クルーニー)にバーで声をかけられる。CIAの秘密工作員となり、合衆国のために暗殺に関与せよという唐突な依頼。半信半疑ながら承諾したチャックは、メキシコシティで任務をこなす。そして帰国すると、却下されたはずのアイデアが採用になり、テレビプロデューサーとしての華々しいキャリアがスタートした。同時にCIA工作員としても活動する二重生活を余儀なくされ、東ヨーロッパの国々では、美女パトリシア(ジュリア・ロバーツ)や変り者キーラー(ルトガー・ハウアー)といった同業者と知り合う。パトリシアに一目惚れした彼は任務の度に彼女との逢瀬を重ねるが、次第に制御不能に陥り始める。ペニーとパトリシアの間で心が揺れ動き、テレビの仕事では低俗化を派手に叩かれ、キーラーが突然死した。ついに番組を何本かカットされたチャックは、自分の人生を取り戻すべく、自分を毒殺しようとしたパトリシアを逆に毒殺。CIAの仕事にケリをつけ、自らの半生をタイプライターで書き始めるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年11月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:コンフェッション

2003年10月上旬号

劇場公開映画批評:コンフェッション

2003年8月下旬号

特集 「コンフェッション」:ジョージ・クルーニー監督 インタビュー

特集 「コンフェッション」:サム・ロックウェル インタビュー

特集 「コンフェッション」:作品評

特集 「コンフェッション」:脚本家チャーリー・カウフマンの魅力

2000年2月下旬決算特別号

COMING SOON:コンフェッション