男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ミレニアム・マンボ

  • みれにあむまんぼ
  • Millennium Mambo
  • Millennium Mambo
  • 平均評点

    71.6点(25人)

  • 観たひと

    47

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 台湾 フランス
製作年 2001
公開年月日 2003/4/12
上映時間 105分
製作会社 3Hプロダクションズ
配給 ビターズ・エンド(ハピネット・ピクチャーズ 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演スー・チー Vicky
ジャック・カオ 捷哥
トゥアン・ジュンハォ 小豪
竹内淳 
竹内康 
ニュウ・チャンザイ 豆子
ディン・ジェンチョン 建中
杉本秀 竹内兄弟の祖母
矢野素臣 矢野
半野喜弘 矢野の舎弟
藤田洋 矢野の舎弟
出演(声)前田洋子 甲隆閣の女将(声)

解説

新世紀の台北で刹那的に生きる若者たちを描いた青春映画。監督は「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のホウ・シャオシェン。製作・脚本はシャオシェン作品常連のチュー・ティエンウェン。製作総指揮・美術は「好男好女」以降のシャオシェン作品常連であるホワン・ウェンイン。撮影は「夏至」のリー・ピンビン。音楽は「憂欝な楽園」のリン・チャン、人気グループのフィッシュ、「フラワーズ・オブ・シャンハイ」の半野喜弘。編集はシャオシェン作品常連のリャオ・チンソン。出演は「クローサー」のスー・チー、「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のガオ・ジェ、「現実の続き 夢の終り」のトゥアン・ジュンハォほか。2001年カンヌ国際映画祭高等技術院賞、同年台湾金馬奨撮影賞、オリジナル作曲賞、音響賞を受賞。

あらすじ

21世紀を迎えた台北。ヴィッキー(スー・チー)は、ディスコで出会ったハオ(トゥアン・ジュンハォ)と同棲中。だがヴィッキーは高校を中退し、ハオは仕事もせずに毎夜クラブ通いで、しかも異常に嫉妬深い。楽しいはずの生活はどんどん荒んでいく。ついに貯金が底をつき、ヴィッキーは仕方なくホステスのバイトを始める。その店に、ヤクザのガオ(ガオ・ジェ)が客としてやってきた。ヴィッキーは彼に惹かれていく。とうとうハオとの生活に耐えられなくなったヴィッキーは、ガオのもとに逃げ込み、もう一度人生をやり直す決心をする。しかしガオは弟分ドウズ(ニョウ・チェンツー)のやっかいなもめ事に巻き込まれ、ひとり日本へ高飛びしてしまった。ヴィッキーはすぐに彼を追うが、見つけることはできなかった。この日々の事を、10年後のヴィッキーは悲しい記憶として回想する。

関連するキネマ旬報の記事

2003年6月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ミレニアム・マンボ