男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バースデイ・ガール

  • ばーすでいがーる
  • Birthday Girl
  • Birthday Girl

amazon


  • 平均評点

    60.5点(91人)

  • 観たひと

    155

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2002/11/16
上映時間 94分
製作会社 フィルム・フォー=HALフィルムズ=ミラージュ・エンタープライゼズ=ポートベロ・ピクチャーズ(ミラマックス 提供)
配給 日本ヘラルド映画(日本ヘラルド映画=アスミック・エース エンタテインメント 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

出会い系サイトで出会った男女のサスペンスフルなラヴ・ストーリー。監督・脚本はこれが日本初公開作となるジェズ・バターワース。撮影は「シッピング・ニュース」のオリヴァー・ステイプルトン。音楽は「コレリ大尉のマンドリン」のスティーヴン・ウォーベック。美術は「スナッチ」のヒューゴ・ルチック=ワイコフスキー。編集は「チェンジング・レーン」のクリストファー・テレフセン。出演は「アザーズ」のニコール・キッドマン、「ロスト・ソウルズ」のベン・チャップマン、「アメリ」のマチュー・カソヴィッツ、「ジェヴォーダンの獣」のヴァンサン・カッセルほか。

あらすじ

イギリス。勤続10年の真面目で孤独な銀行員ジョン(ベン・チャップリン)は、人生を変える決心をし、動画つき出会いサイトでメール・オーダー花嫁の注文をする。やがてやってきた花嫁は、美しいロシア女性ナディア(ニコール・キッドマン)。全く英語を話せない彼女だったが、愛にあふれた生活が始まった。そんなある日、ロシアからナディアの従兄と称するアレクセイ(ヴァンサン・カッセル)と、その友人ユーリ(マチュー・カソヴィッツ)がやってくる。粗野で乱暴な彼らは、ナディアを人質にジョンを脅し、彼に勤務先の銀行を襲わせてしまう。実はナディアは2人の仲間で、ジョンは彼らに捕らえられる形で逃走。やがて悪党たちは3人で逃げようとするが、ナディアは2人と別れたがっており、ジョンは彼女を救った。そしてジョンはアレクセイのパスポートを使って、モスクワ行きの飛行機に乗る。その時ナディアは、初めてソフィアという本名を名乗るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年1月上旬新年特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:バースデイ・ガール

2002年11月下旬号

特集 「バースデイ・ガール」:ニコール・キッドマン インタビュー

特集 「バースデイ・ガール」:ジェズ・バターワース監督 インタビュー

特集 「バースデイ・ガール」:作品評