男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

リリイ・シュシュのすべて

  • りりいしゅしゅのすべて
  • ----
  • ----

amazon


  • KINENOTE Selection映画館で観る
  • VODで観る

  • 平均評点

    74.2点(641人)

  • 観たひと

    1219

  • 観たいひと

    127

  • レビューの数

    65

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2001/10/6
上映時間 146分
製作会社 Rockwell Eyes(制作協力 ウィルコ=イメージファクトリー)
配給 Rockwell Eyes(配給協力 日本ヘラルド映画)
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督岩井俊二 
脚本岩井俊二 
撮影篠田昇 
水中撮影サポート長田勇 
音楽小林武史 Featuring=CLAUDE DEBUSSY 
主題歌エドウィン・モーゼス:(「グライド」)
録音滝澤修 
音響効果柴崎憲治 
スタイリスト中谷弘美 
VE佐藤学 
アソシエイトプロデューサー前田浩子 
ラインプロデューサー橋本直樹 
スチール小島健一 
写真撮影アイヴィー・チェン 
特殊効果上竹寛一 
酒井治 
松田弘志 
佐藤信一 
柳川敏克 
実原康之 

キャスト

出演市原隼人 蓮見雄一
忍成修吾 星野修介
伊藤歩 久野陽子
蒼井優 津田詩織
細山田隆人 佐々木健太郎
松田一沙 神崎すみか
郭智博 多田野雅史
笠原秀幸 清水恭太
五十畑迅人 飯田待典
勝地涼 寺脇仁志
内野謙太 仲貝弘和
沢木哲 犬伏列哉
高橋一生 池田先輩
阿部知代 蓮見静子
市川実和子 島袋
大沢たかお 高尾旅人
稲森いずみ 星野いずみ
杉本哲太 レストランの中年男
吉岡麻由子 小山内サチヨ
田中要次 恩田輝
上田耕一 中古CDショップ店長
鷲尾真知子 パーマ屋の客
ジャイアント茶所 黒崎大
武発史郎 津田の客
カッチャン シーサー
樋口真嗣 オタク
藤井かほり 岩崎
中島唱子 ふゆ
南イサム 神田先輩
中村太一 クリオネ
西谷有統 辻井影彦
山内秀一 黒崎伸一
田中丈資 加藤
久我未来 フィリア派
原田優一 リリイ派
児玉真菜 笹野涼香
相坂真菜美 生田恵
吉川明 磯川良子
北原ヨリ子 東海林真澄
伴杏里 井沢紀子
田口未央 村上奈津美
宇野まり絵 杉沢弥生
馬場喬子 遠藤佐知
広田愛 マリン海遊従業員
ヘレナ マリン海遊従業員
中村綾乃 マリン海遊従業員
大枡美穂 三味線奏者
土倉有貴 須藤
伊藤友樹 神野
雨宮知明 植草
生沼孝夫 CDショップ店員
樋口慎祐 CDショップ店員
大沢夏来 CDショップ店員
吉田祐健 ダフ屋
伊波国治 交通事故の夫
古川凡 警官
藤沼豊 
江成大輝 
斉藤新之助 
篠原勇 
山田誠 
吉田光宏 
岡村麻純 

解説

ウェブサイト上で一般参加者たちとの対話を通して書き上げられた物語を基に、イジメる側とイジメられる側のふたりの男子中学生の青春を、リアルに描出するドラマ。監督・脚本は「四月物語」の岩井俊二。撮影を「DANBALL HOUSE GiRL」の篠田昇が担当している。主演は、市原隼人と「富江 re-birth」の忍成修吾。第75回キネマ旬報ベストテン第7位、第52回ベルリン国際映画祭国際アート・シアター連盟賞、第23回ヨコハマ映画祭ベストテン第5位&最優秀新人賞(細山田隆人)受賞作品。24PHDからのキネコ作品。

あらすじ

カリスマ的アーティスト・リリイ・シュシュに心酔する中学2年の雄一。学校でイジメを受けている彼は、自らが主宰するリリイのファンサイトリリフィアの中で交わす、青猫というハンドルネームのリリイ・ファンとのチャットに心癒されていた。雄一をイジメているのは、星野という同級生。1年の頃は、剣道部の部員として仲の良かったふたりだが、夏休みに仲間と出かけた沖縄旅行を経た新学期、星野は突然豹変した。クラスの悪ガキを倒し、飯田と辻井を子分に従え、雄一に万引きなどで得た金を上納させるようになったのだ。星野のイジメの対象は雄一だけに留まらない。詩織もまた星野の命令で援助交際させられ、そのあがりを星野に渡していた。更に、雄一が秘かに心寄せる陽子もまた、彼女を嫌う女子同級生の企みで星野一派にレイプされてしまう。12月8日、リリイのライヴが代々木で開かれることになった。チケットをゲットした雄一は、青猫と会う約束をして会場へ向かう。ところが、そこにいたのは星野。雄一がリリフィアの管理人であることに気づいていない彼は、雄一のチケットを奪うとひとりでライヴを楽しんだ。会場に入ることの出来なかった雄一は、ライヴ終演後の雑踏の中、どさくさに紛れて星野を刺し殺す。そして2001年、15歳になった雄一は淡々とした日々を送っている。

関連するキネマ旬報の記事

2002年8月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:リリイ・シュシュのすべて

2002年7月上旬号

DVDコレクション:第22回 「リリイ・シュシュのすべて」

2001年12月上旬号

劇場公開映画批評:リリイ・シュシュのすべて

2001年9月下旬号

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:カラーグラビア 市原隼人、忍成修吾、蒼井優、伊藤歩

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:伊藤歩 インタビュー

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:市原隼人×忍成修吾×蒼井優 座談会

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:岩井俊二(監督) インタビュー

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:少年論

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:篠田昇(撮影監督) インタビュー

特集 「リリイ・シュシュのすべて」:作品評

2001年1月上旬新年特別号

巻頭特集 2001年の映画、21世紀の人:「リリイ・シュシュのすべて」岩井俊二